漫画でもスマホを落としただけ…ではない!

一番下のコメントへ

スマホを落として凶悪なハッカーに目をつけられちゃった、という以外にそもそもITリテラシー以前の問題をツッコまれたりもしている本作(クレカ番号を人に教えたりしている)。
漫画版でもスマホを落としたことからとんでもないことになっていく緊張感は健在で、自分もやっちゃってるかも…と思わされる瞬間はネタにされつつもやっぱり怖い。スマホバトルばかりが目立って取り上げられていますが、最後まで読むとミステリーとして作り込まれたオチにも驚かされると思います。

4巻からは映画版のファンの間で通称「光のスマホ使い」と呼ばれていた刑事が主人公になる第2部『囚われの殺人鬼』編がスタート。第1部の敵と共闘、そのメンターを追うなどストーリーラインはなかなか本格派(ハンニバルのオマージュだけど)…なんですが相変わらず偽フリーWiFiに接続したことで全部ダメになっていったりします。この辺りのさじ加減が分かりやすくて読みやすいんですかね。
自分でもちょっと気をつけようと思えたり、スリラーとしての読み応えもしっかりあるので映画と一緒に楽しんでみてはいかがでしょう。どっちからちから手出してもいいと思います。

ちなみに第1部に登場している加賀谷刑事。映画版では彼はサイバー犯罪対策課の刑事という設定で、原作・漫画版における第2部の主人公桐野刑事のポジションを兼ねて先行登場しています。なので映画版はそのまま加賀谷刑事が第2部の主人公にスライドしていて、導入がスムーズになってます。
もしかすると1本目を制作した時点で続編の映像化も見越していたのではないかなと…。賭けてますね、スマホに。

そんなことを調べていたら原作第3部『戦慄するメガロポリス』が発売していたことも知りました。東京オリンピックがターゲットだとか。急に話でかくなりますね。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー