自殺した子供を救済する世界『15日の日曜日』

一番下のコメントへ

様々な理由で自殺をした15歳以下の子どもを、無条件で(たぶん)現世に生き返らせるという使命を持つ12子徒。その中心にいる預言者・夜羽(ヨハネヨハネ)。

この物語の主人公は自殺した子どもではなく、12子徒だろうか、もしくは夜羽か。
そして12子徒たちにも規律があり、例えば
・現世で犯した罪を、子どもを救済することで清める
・罪をすべて清めた子徒は現世に戻らなければならない
・救った人間がもう一度自殺をしてしまったら、関わった子徒は15日の日曜日15日の日曜日から追放される。
など。
預言者は神の言葉を聞くことができるが、15日の日曜日にとどまっていなければいけない存在なので、何があっても現世に戻るチャンスはないということ。

若い命を救うということだけ見れば善い行いのように思えるけど、自殺にもいろんな事情があるだろうし一口で正義とは言い切れない。この15日の日曜日の存在意義みたいなものもこれから見えてくるんだろうと思います。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み