現実にいる「ザ・シーツ」っていう吉本興業の若手お笑いコンビのコントが原案になって、そこからその二人のキャラが歩きだして連載になっていったという漫画。

瀬尾と北中、違う意味でぼっちだった二人が出会い、交差するはずのなかった二人だけの青春が「いぬ」から始まる。

単純に男子高校生の日常を描いた青春ものとしてクオリティが高い。
ちょっとかっこつけてて不良っぽく見える瀬尾は人見知りだけど普通にいいやつで、マイペースで若干浮いてる北中も人懐っこくていいやつ。
そんな二人でいろんな所へ出掛け、遊び、話してともに時間を過ごす。
すっごい良い時間なんですけど!!
この二人の行く末をずっと見ていたい。

試し読み

本日少年画報社さまより『瀬尾と北中』が発売されました。この本に関わってくださった、全ての方々に感謝いたします。コントの設定をお借りしてお話描かせてもらいました。ここには1、2、3、9話載せてます。ぼっ

元ネタになったコント動画

コメントする

参加中のキャンペーン

このクチコミも読まれています

クセ強めで内容も面白い漫画好きな人は垂涎の一作! #1巻応援
吉川きっちょむ(芸人)
吉川きっちょむ(芸人)
約1時間前
未読の君、まだ読んでないなんてもったいすぎるぜ…!! 読んでる奴らとはダチになれそうだ!! なぜなら俺たちはルークさんを知っているから!! 俺たちの救世主!!ルークさん!!はわわ……! と、読んだあとちょっと変なノリをしてみたくなるほどにこの漫画は魅力的です。 時代設定は我々の地球でいうどのへんか分かりませんが、17、18世紀あたりの技術レベルでしょうか?もっと前なのかな? ヴィクトニア帝国という大国があり主人公はその帝国に搾取される側の植民地に住む少数民族で、金貨や経済などあるもののわりと原始的な生活を送っていた。 幼少期に両親が奴隷狩りに殺害されてから7年後、12歳になったルークは奴隷狩りに対抗すべく知恵を使い騙したり工夫して帝国と商売しお金で安全を買おうとしていた。 しかし、その矢先に再び奴隷狩りにあってしまい、自らも捕まり大好きな姉を連れ去られてオークションにかけられてしまうことになり、殴られ朦朧とした意識の中で神にあい、とある能力を授かる。 本来、年頃の人間が当たり前のように享受しているのが「生殖能力」だが、神はその代わりにルークに授けたのが「金を生み出す能力」だった。 しかも、まだもろもろ不明だけど帝国の紙幣、しかも全て通し番号が同じ偽札…。この能力と知恵を武器にルークはどう戦っていくのか! お姉ちゃんを取り戻すことはできるのか!? という話です。 第1話→https://shonenjumpplus.com/episode/13933686331749163174 話の設定や展開、ハッタリや知恵比べのようなギャンブル的な部分はもちろん面白いのですが、合わせて注目してほしいのはこの作品の根底に流れるセリフ運びのテンションやリズムとキャラたちのノリ!! 初期のジョジョを彷彿とさせる! そこにシビれる!あこがれるゥ!!的な香りがするゥ!! みんな大真面目なので最初は真剣に読んでたんですが、途中からもしかしてこれって笑って読んでもいいんじゃないか?というシリアスな笑いに思えてきますし、実際そこはかなり意識されてるんじゃないでしょうか。 生殖能力の代わりに授かった能力なので、金を生み出す時にドクッドクッってなるのや、頬を赤らめてちょっと汗かいてはぁはぁしているのもおもしろい…。 そのクセの強さに、やみつきになってしまう自分が愛おしいです。 画像:第1話57pより
3巻までの表紙...
人ならざる者の〈心〉と百合 #1巻応援
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2日前
中編2つ+それぞれの後日譚が収められた作品集。いずれも人間からは少しずれた存在がもつ「心」の、少し普通ではなくてかなり大きな有り様が描かれていて、心を揺さぶられる。 ●魔王と女王 時を止めた遺跡の街を守る「女王」を街の外に連れ出したい「魔女」の物語。 複雑に前後する語りと細かな設定に幻惑されるが、街の謎を解き女王を解放しようとする魔女の、軽い様で真っ直ぐな想いに打たれる。そして無表情な〈つくりものの〉女王に、却って〈心〉の動きを想像してしまう。 ●魂の関所にて 死者の魂を管理する所で、仕事をしながら自分の死因を思い出せずにいる新人の女性と、彼女を気にかける先輩の女性。 新人の過去話……身分違いの女性との複雑な関係性は切ない。そこに寄り添う先輩は後輩に強い想いがあるのは確かなのだが、その理由が見えて来ない。和風な死後の世界の美しさを目で楽しみながらも、優しさと不安感がひしひしと胸に来る。
魂の関所にて
また読みたい
フォロー