一番下のコメントへ

人を愛することを知ってしまったため抜け忍になり現在はサラリーマンをやっている主人公。昔所属していた七狗留忍流からの刺客を倒したり、家庭の平和を乱す奴らを倒していく。七狗留忍流からの刺客を殺すのはまあわかるけど家庭の平和を乱す悪人がムカつくのはわかるけどちょっと殺しすぎじゃないですかね...

コメントする

このクチコミも読まれています

どんなときも「だしゃあ」の精神を
野愛
野愛
約1ヶ月前
YouTubeでダ・ヴィンチ・恐山氏がこの作品を紹介しており 「だしゃあ」って打撃天使ルリの人だ!しかもルリも登場している!これは絶対読まなくては! と興奮したので読んでみました。読んだらもっと興奮しました。 普段は温厚なウェディングプランナーの伊達保が、自らの正義や家族の幸せ、街の平和を守るため拳を「だしゃあ!」と振るう打撃マンになるお話。 理不尽な暴力で人を支配する奴は許せない!という明確な正義があり、その上を行く暴力で完膚なきまでに捩じ伏せるという構図が面白いです。 選ばれし者だけが打撃マンになれるのかと思ったら、「誰の心にも打撃マンは住んでいます」って言うし、わたしも打撃マンになれるんだ…!みたいな気持ちが湧いてきます。 暴力は絶対ダメですが、どんなときでも自らの正義を「だしゃあ」と貫く打撃マンの精神だけは持っていたいです。 結局なんだったの?みたいな感情がないわけではないですが、とにかく生きる力が漲る作品です。あなたもわたしも打撃マンになりましょう。
[完全版]打撃マン
オシリーナもなかなかの変人だよね
かしこ
かしこ
約2ヶ月前
1巻の表紙を見た時に「あれ?これ子供の頃に読んだことある気がするなぁ…」と思いながら読んでみて、社内ハイキング中にオシリーナの尻を目撃するシーンで確信に変わりました「この尻覚えてる…!」と。せっかくだから改めて本腰を入れて読んでみるかと思ったら、主人公の丸麻照男と自分の誕生日と血液型が一緒なことが判明した。全く嬉しくないけど何となく他人事とは思えなくなるから不思議だ…。ただガンマに感情移入しちゃうとすごく読みにくくて困る(そして意外と長い!)。暇つぶし位がちょうどいい漫画なので気が向いた時にコツコツ読もうかな。
鉄人ガンマ
また読みたい
フォロー