繋がる個体」・「戯けてルネサンス」の山本中学先生の最新作

・あらすじ
ちょっとメンヘラ気質の主人公のトモは、いつも男のエモい恋(感傷的な恋)に利用されてばかり。

自分の恋愛感情を男たちに搾取されることにうんざりしたトモは半ば自棄っぱちで月額定額制の彼女=サブスク彼女になることを決意。

もう恋愛なんかに振り回されないと決意したトモだったが、ずっと前からトモのことが好きだった高校時代の友人であるコースケと再会して・・・?

・推しポイントなど!
不器用で繊細な人間を描くことに定評がある山本先生の次なるテーマはなんと「メンヘラ」。

「男の人がエモいと感じる恋がキライ。」というキャッチコピーから始まる本作は、今流行りのこじらせ系の男女の悩みや葛藤をありありと生々しく、それでいてコミカルに描いている。

サブスクライブという今では当たり前となったサービスを恋愛に活かすアイディア、とにかくわかりみが深いキャラたちの心理描写が素晴らしい。

そしてなんといっても山本中学先生の描く女の子たちは相変わらず愛おしく、それでいてリアルに描かれているのがたまらない。

マンバさん主催のイベント「2020年オンラインマンガプレゼン大会」にて本作を紹介しているので、もっと具体的な内容が知りたい方はぜひそちらの動画をご覧になっていただけると幸いです。

2020年12月20日(日)、マンガクチコミサービス『マンバ』がオンラインマンガプレゼン大会を開催しました!▼タイムテーブル12:04 No.1 のれん雛 さん 武蔵野創『灼熱カバディ』https://manba.co.jp/boards/5838224:27 No.2.コニシ さん 山本中学...

愛されたいからこそ、愛されることを諦めた“病みかわいい”メンヘラたちの物語。にコメントする
『サブスク彼女』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ