理解できたのかどうか自信は無い

一番下のコメントへ

エログロとか耽美的世界とかには興味を感じなかった。
触れることを強要されるようなジャンルでもないし、
幸いにして触れる機会も無かったし、
なので喰わず嫌いかもしれないとも思いながら
ほとんど関わらずに過ごして来た。
例えば、自分は松田優作が好きだったが、
アクション物や文学作品的なものは見たけれど、
「陽炎座」は「まあ・・無理に見ないでもいいか」
と思って、未だに見ていない。
鈴木清順作品だからとか、耽美的だとか聞くと
自分の好みではないだろう、
自分には理解できない理解できないだろう、と思って。

で「ライチ☆光クラブライチ☆光クラブ

何回か「あれは凄いよ」という評価を聞いた。
「グロイけれど凄いよ」「耽美的だけど凄いよ」
との評価だけれど。
なので「喰わず嫌いなだけだったら損だしな」
という動機が半分で買った。
買っては見たものの、数ページ読んだあたりで
「まあ・・無理に読まないでも」
と思って本を閉じるのを繰り返していた。
結局、購入から2年以上たって、いつまでも読まないのもと
一気に読んでみた。

読んでいる最中は、正直、買ったこと読んだことを
少し後悔した。
多分、死ぬまでにもう一度読むかというと、
読まない可能性が高い。
ただし、最終回前後のシーンだけは、
「これはオレの全く知らない世界だな」と、
こういった凄さ、こういった美もあるのか、と、
ああこれが耽美的ってやつなのかな、と、
感じるものはあった。
まあ「ライチ☆光クラブ」ほとグロくない作品であれば、
耽美的といわれる作品も、また見てみようかな、とも思った。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー