一番下のコメントへ

「マジックは子どもにはムズすぎる!デュエマ作ろ!」という当時のウィザーズの判断はまぁ正しいと思いますが、タイアップマンガのキャラが突然別のゲームを始めるのは相当なパワープレイだったと今でも思います。
とはいえ読んでいた頃は「まぁそんなこともあるかな」と思っていつの間にやら受け入れていました。実際周りみんなデュエマ始めたし。子どもって順応性が高いんだな。

しかし大人になって思い返すとあれって結構寂しいイベントだった気がしてきます。友だちと同じゲームで遊べなくなるのってかなりドラスティックなできごとなので…。本作の中でも各キャラそれぞれ笑いを取りながらもその切迫感を訴えてくるので、色んなカードゲームを渡り歩いてきた身としてはちょっと胸にキました。
そう考えると意外と真面目な作品なのかもしれません。しらんけど。

ともあれカードゲーム好きなら間違いなく楽しめるはず。ノリはフザケてますがデュエルはそこそこ真剣に展開されるのもずるい。大体こんな感じっていう画像も貼っときますのでこれで笑った人には読んでほしいですね。

コメントする

参加中のキャンペーン

このクチコミも読まれています

マンバの『#1巻応援』で推しマンガを推そう!
マンバ
マンバ
2日前
🔥6人が参加中
マンバで『#1巻応援』とは… 漫画家さんにとっても、読者にとっても大事な大事な漫画の第1巻をより多くの人に面白さを知ってもらうため、クチコミをいち早く書いて応援しよう!という取り組みです☝ あなたの「これは全人類が読むべき…!」という思いを、ぜひともマンバに書き込んでください✍🏻🔥🔥 https://youtu.be/3m60xqdW5jM 【参加方法】 タイトルか本文中に「#1巻応援」を入れてマンバにクチコミを投稿! ◆対象作品: 1巻まで発売されている全ての作品(発売時期問わず)。1巻で完結している漫画もOK! ◆メリット: あなたのクチコミをマンバの公式Twitterで紹介! ▼参考画像 https://i.imgur.com/TjhiduP.jpg ▼実際の紹介ツイート https://twitter.com/manba_co/status/1250729291920228355?s=20 ※もし自分が応援したい漫画がマンバで見つからなかった場合、コチラから登録依頼を出すことが出来ます。 ▼作品登録 https://manba.co.jp/free_spaces/10055   また、こちらのトピックでは毎週金曜日に、その週に発売された第1巻の中からスタッフが厳選して紹介します。ここをチェックしとけば、新刊の「推し忘れ」がなくなりますよ〜〜!📚✨ マンバの「最近の1巻」ページでは、過去に発売された1巻を月ごとに見ることができるのでこちらも要チェック! ▼「最近の1巻」 https://manba.co.jp/new_books/first_books またサイト上部のサブメニューにある「クチコミ」から、マンバに投稿された全ての「#1巻応援 のクチコミ」をチェック出来ますよ! ▼「#1巻応援」クチコミ一覧 https://manba.co.jp/topics/hashtags?hashtag=%231%E5%B7%BB%E5%BF%9C%E6%8F%B4
中年男性とパパ活少女、それぞれの絶望 #1巻応援
兎来栄寿
兎来栄寿
約18時間前
今とても熱いレーベルのひとつであるコミックアウルから、新進気鋭の才能により放たれた鋭利なる一撃。 「これが令和の『罪と罰』だ!!!」と帯に銘打たれていますが、読んでいる時の常在的な息苦しさはまさにドストエフスキー作品を読んでいる時のそれです。 「中年になっても性欲はみじめに残る  俺は生きているだけで害悪だろうか」 と吐露する40歳中年男性がこの物語の主人公です。幼い頃は「お父さんみたいな人と結婚したい」と自分を慕ってくれた娘が思春期になると自分を汚物のように嫌悪してくるようになり、奔放に浪費する妻を尻目に辛い労働に勤しむ日々。 ぱっと見は普通の中年男性なのですが、娘のブラジャーを見て劣情を催したり、醜く毛が突き出た自分の手指を見て「俺 指も汚な…」と自己嫌悪を深めるシーンなどディティールの積み重ねによる絶望感が利いてきます。 父としても夫としても自分の存在意義に悩む主人公は、ある日15歳の訳ありパパ活少女と遭遇します。彼女もまた、とある事件とそれに起因する鬱屈した日常を送る人間でした。若い身体に価値がある内に小銭を稼いで海の見える遠い町で花屋を営み穏やかに生きて死にたい、と願う少女。二人の歪みが重なり合うことで生じる奇矯な関係性から、物語は駆動していきます。 とにかく本作はさまざまなシーンでの表現力と迫力が見どころです。全力の嫌悪感や全力の絶望感、背徳感と欲求との鬩ぎ合いが、叩き付けるような描写によって暴力的に繰り出され続けていきます。ひたすら辛いのに、ある種の疾走感すら覚えるほどです。 表紙のかわいい女の子からは想像しにくいかもしれませんが、読感としてはビーム系の作品に近いです。かわいい女の子を描けるからこそのギャップが非常に活きていると言えるでしょう。 闇の深い物語を好きな方には強く推します。
ハートフルヒモ飼いおにロリ物語 #1巻応援
兎来栄寿
兎来栄寿
1日前
母子家庭でありながら母親が僅かなお金だけ置いて失踪してしまい、11歳の美少女・凛子が50万円でイケメンのヒモ・春乃を飼う物語です。「ひもすがら」と「ヒモ」が掛かったタイトルなわけですね。 「普通」に家族と暮らし、「普通」に色々な将来の夢を持って過ごすクラスメイトたちと対比して、温かいご飯を家で食べることすら経験できずに育ってきた不憫な凛子。彼女の欠けた部分を、働きはしないけれど家事全般は得意で優しい言葉もたくさん与えてくれる春乃が埋めていってくれる、奇妙な関係が成立していきます。 しかしながら、春乃の優しさも歪さが生んだものであることが段々明かされていきます。それでも凛子が現状で心を保って生き長らえるためには、それが解り切った空虚であったとしても必要なものであるという構造がエモさを醸し出します。メリハリのある心情描写がとても心地良く感じます。 そして七瀬八さんの絵がとても良く、苦痛に歪む表情も、見渡せば美しさが広がる世界も、総じて綺麗に描かれます。春乃は本当にだらしのない立派なヒモなんですが、顔が良い。ヴィジュアルも中身も、とても良いおにロリです。 母親が残した金額は僅かであり長い間春乃を養えるほどではないのが明白で、物語の期限を思わせます。ただ、1話の冒頭で凛子の幸せな未来が描かれているのが救いです。すべての黒髪ストレートロング美少女の安寧と幸福を祈ります。
また読みたい
フォロー