あ〜〜〜続きが気になる1話!早く2話読みたい!
そして主人公がカッコいい。

【代闘士】とは
裁判において、なにが真実かを裏付ける証言・証拠がない場合に原告と被告が「決闘で」勝者を決める“決闘裁判”。その際、決闘を代理で行う剣士のこと。

最初は代闘士という聞き慣れない言葉にとっつきにくさを感じてたけど、ストーリーはわりと王道のミステリーでめちゃめちゃ読みやすい。
必ず真実を明かしてから決闘に挑むことをポリシーとしているハイコ。剣士であり、探偵でもある彼は、常に事件を探して旅をしている。

なんか雰囲気的にノアが相棒になりそう?

いい!普段あんまりファンタジーもの読まないけど、純粋に推理ものとしても読めるから楽しい。
やっぱりノアはハイコについていきましたね。しかも女の子だったし
そんなかんたんにお兄さんと別れていいのか?と思ったけど。笑

2巻で完結とかマジかよ…

剣士であり探偵。新しいミステリーファンタジー!にコメントする
『代闘士ハイコの事件簿』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

このクチコミも読まれています

母を亡くして引き取り手の無い中学生男子・ゆうくんは、母のはとこの女性・建子(やすこ)に引き取られる。ゆうくんが共に暮らすことになる建子と、同居人のおりょうとさゆりの三人にはある共通点があった。それは、三人ともゆうくんの母親の、元カノという事。 女性と付き合っていたのに、男性と結婚して子供まで産んだゆうくんの母親。様々なわだかまりがあるはずなのに、何故か楽しそうな三人の共同生活。そこにゆうくんが加わる事で、思い出は溢れ出すし三人は張り合い出すし……と動き出す一方で、ゆうくんの保護者として緩やかに協力する。 何となく気の合う「元カノ同士」という連帯は穏やかで良い。三人ともゆうくんの母親に多少未練があるのと、既に家族として安定した関係を築いているためか、この三人間での恋愛が示唆されないのも、子育て物として安心して読める(まぁ先は分からないが)。 三人がゆうくんの母親の思い出を語る時、そこには優しい愛がたくさんある。ゆうくんは三人それぞれの百合を増幅し強化する存在だし、クラスの女子関係も繋げる存在。 沖縄に多く見られるらしい現代の中学校での「姉妹制度」も描かれる本作、百合マンガらしく見えないかもしれないが実際は、とても百合に溢れた作品なのだ。 ※一時機Twitterで話題になっていた沖縄の姉妹制度についてのマンガを描かれたのも、本作の作者・宮城みち先生だったりします。 https://realsound.jp/book/2021/12/post-927924.html
母の元カノと暮らした。
また読みたい
フォロー