"すこしふしぎ"?いえ、"すごく不思議"な女子高生の日常

一番下のコメントへ

高校入学初日に出会った、明るく能天気なみかんとクールで真面目なあかね子。好奇心旺盛なみかんに連れられて2人が訪れたのは、未体験の出来事が体験できるという"初体験館"。
と、こんな感じでみかんとあかね子のコンビが「ありえないけどあったら面白そう」な不思議な物事や人々に出会いまくる作品。SFを"すこしふしぎ"と藤子・F・不二雄藤子・F・不二雄先生が解したのは有名な話ですが、少しどころではない"すごくふしぎ"な日常日常を描いたのがこの作品。
残念ながら2巻は2019年現在で電子書籍のみの発売ですが、その分2巻は200ページ超えの一大スペクタクルで完結まで一気に駆け抜けていきます。1つ1つは何気ない、でも全体を見ると壮大な、きっとマンガでしか体験できない女子高生の日常がここにはあります。

全2巻読了

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner