一番下のコメントへ

「綺麗なお母さんは、好きですか?」というキャッチコピーに、私も好きです!とノリノリで読み始めると、しょっぱなに強烈な一撃を喰らうことになる。

この作品では、かなりリアルでハードな母子家庭の現実が描かれる。主人公のフリーター青年は、シングルマザーに恋するが、母子家庭の現実に打ちのめされることになる。

この作品、実はこう見えて、かなり真剣(マジ)なのだ。

第1巻では主人公が、いかに恋愛脳から逃れて、相手の事情を理解して寄り添えるようになるかが試される。

実際、独りよがりな恋を反省した主人公は、次第に優しさと頼もしさを獲得し、母子家庭を助けながら成長していく。ほんの1巻での成長は見事で感動的だ。

「男児との母子家庭」独特の問題も描かれていて、そこに「男の子」である主人公がうまく関わっていくのも見どころ。

お母さんが張り切ったり、疲れてたり、寝ぼけてたりと、所々に見せる愛らしさを愛でながらも、真剣にこの先を考えてしまう、そんな漫画だ。

「綺麗なお母さんは、好きですか?」というキャッチコピーに、私も好きです!とノリノリで読み始めると、しょっぱなに強烈な一撃を喰らうことになる。 この作品では、かなりリアルでハードな母子家庭の現実が描かれる。主人公のフリーター青年は、シングルマザーに恋するが、母子家庭の現実に打ちのめされることになる。 この作品、実はこう見えて、かなり真剣(マジ)なのだ。 第1巻では主人公が、いかに恋愛脳から逃れて、相手の事情を理解して寄り添えるようになるかが試される。 実際、独りよがりな恋を反省した主人公は、次第に優しさと頼もしさを獲得し、母子家庭を助けながら成長していく。ほんの1巻での成長は見事で感動的だ。 「男児との母子家庭」独特の問題も描かれていて、そこに「男の子」である主人公がうまく関わっていくのも見どころ。 お母さんが張り切ったり、疲れてたり、寝ぼけてたりと、所々に見せる愛らしさを愛でながらも、真剣にこの先を考えてしまう、そんな漫画だ。

「綺麗なお母さんは、好きですか?」というキャッチコピーに、私も好きです!とノリノリで読み始めると、しょっぱなに強烈な一撃を喰らうことになる。 この作品では、かなりリアルでハードな母子家庭の現実が描かれる。主人公のフリーター青年は、シングルマザーに恋するが、母子家庭の現実に打ちのめされることになる。 この作品、実はこう見えて、かなり真剣(マジ)なのだ。 第1巻では主人公が、いかに恋愛脳から逃れて、相手の事情を理解して寄り添えるようになるかが試される。 実際、独りよがりな恋を反省した主人公は、次第に優しさと頼もしさを獲得し、母子家庭を助けながら成長していく。ほんの1巻での成長は見事で感動的だ。 「男児との母子家庭」独特の問題も描かれていて、そこに「男の子」である主人公がうまく関わっていくのも見どころ。 お母さんが張り切ったり、疲れてたり、寝ぼけてたりと、所々に見せる愛らしさを愛でながらも、真剣にこの先を考えてしまう、そんな漫画だ。

@あうしぃ@カワイイマンガ

この漫画が出た時、表紙だけではとくに惹かれるものがなかったですが、あうしぃさんが書かれた口コミを読んで、想像とは全く違う内容だったことを知り、1巻買って読んでみました。
本当にクチコミのとおりで、浮ついたただの恋愛ものではなく母子家庭の実情をぼかすことなくちゃんと描いてますね。1巻の最後、主人公は大きな決断をしますが、ふたりの関係にどう影響が出るのか気になります。

この漫画が出た時、表紙だけではとくに惹かれるものがなかったですが、あうしぃさんが書かれた口コミを読んで、想像とは全く違う内容だったことを知り、1巻買って読んでみました。 本当にクチコミのとおりで、浮ついたただの恋愛ものではなく母子家庭の実情をぼかすことなくちゃんと描いてますね。1巻の最後、主人公は大きな決断をしますが、ふたりの関係にどう影響が出るのか気になります。

この漫画が出た時、表紙だけではとくに惹かれるものがなかったですが、あうしぃさんが書かれた口コミを読んで、想像とは全く違う内容だったことを知り、1巻買って読んでみました。 本当にクチコミのとおりで、浮ついたただの恋愛ものではなく母子家庭の実情をぼかすことなくちゃんと描いてますね。1巻の最後、主人公は大きな決断をしますが、ふたりの関係にどう影響が出るのか気になります。

@名無し

ああ、やっぱりあの訴求だと、そういう受け止めの方もおられますよね...ちょっとその辺が心配だったのもあり、あのクチコミを書いたのですが、伝わって嬉しいです!ちなみにマンガUP!で連載も読めますが、1巻最後に出てくるキャラもがっつり関わって、さらに主人公の成長を実感できますので、楽しみにしていただいてよいと思います!

コメントする
11/04(木)まで
icon_reread
また読みたい
フォロー