スキップとローファーの高松美咲さんがSFを描いていたとは知らなかった

部活と進路に悩む普通の女子高生である主人公の日常日常が描かれていると思ったら、いきなり得体の知れない生命体が人類を襲ってきて、目が覚めると地球ではない場所にいた…から始まる物語。スケールはハリウッド並みに壮大ですが、一番の魅力は繊細な人物の心情表現です。あり得ない状況でも主人公に感情移入できるのはここにリアルがあるからだと思います。ある意味で期待を裏切る展開なのがいい!全1巻でまとまりもまりも良くめちゃくちゃ面白いです。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー