「あっと驚くような本が読みたい」そんなお客さんの無茶ぶりにも答える書店員の波山個間子が主人公。作中で登場するのはどれも実在する本なので読者が好きな人には特にオススメです。個間子があらすじを説明する場面では、もちろん読んでみたい!と思うし、自分がその本を読んでいるような没入感も味わえます。隠れた名作を知れるだけでなく、本と向き合うことの楽しさを描いた作品だと思います。全2巻なのが信じられない面白さです。

主人公は三度の飯より本が好きなブックアドバイザーにコメントする
『書店員 波山個間子』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

次のクチコミ

このクチコミも読まれています

また読みたい
フォロー