お知らせ
現在、検索候補表示・絞り込み検索・無料マンガ画面にて障害が発生しています。ご迷惑をおかけしますが今しばらくお待ちください。【更新: 1/26(水)21:30】自由広場の検索が復旧しました。全面復旧は1/28(金)を予定しています。

自分は完璧な人間だと思わせたい、ちょっと自意識が歪んだ女子高生が主人公。うっかりクラスメイトに絵が得意だと言ってしまい、美術の授業で恥をかかない為、ちっちゃいおっさん霊として現れた葛飾北斎を利用することに…!およそ主人公とは思えないマインドを持った彼女が伝説の絵師と出会って、何が変わっていくのか続きが楽しみ。

マンジが北斎とかマジ卍じゃん!

ギャグとシリアスの緩急がたまらない…!
叶ちゃんの画伯絵からの北斎の天井画が最高だった

もしかしてこの漫画北斎以外ツッコミいないのでは??ボケが大渋滞しててめちゃくちゃおもしろかった

葛飾北斎って本当に「画狂老人卍」を名乗っていた時期があったみたい。あの時代にセンスが中二wで話題になってた。

いきなり巻頭カラーで連載デビューはすごいですね!
水曜日のシネマ野原多央さんのアシスタントをされていた方のようです。

おお…!ついに叶ちゃんがまともな絵を描いて感動した。

美術部のみんなが描く絵もいいけど、ちっちゃいオッサンの創るスケールのでかい作品に圧倒されたい…

色数制限するとか普通に役立つテクニックを教えてくれるマンガだ
お絵かき講座みたいな回もっと見たいなー

クラスメイトが叶に盲目なのほんと好き

卍が変な喋り方しても「実は流行ってる?」とか、新聞紙引くだけで「そうだね!」とか褒め上手すぎか!

黒板いっぱいに絵を書いたり、塗料が立体的になるように塗ってみたり、机を彫ったり。卍が描くスケールのでかい作品ほんと好き。

勝手に線を引いたり思い込んだりして発想の限界を作らない、何にもとらわれてないところが最高にロック…!

「先生の怒りが驚きに変わるくらいのもの彫ってやらあ!」という心の持ち方はマジで惚れる

叶ちゃんの美術への苦手意識がなくなって、マニキュアを食器棚の扉に塗るほどに卍の柔軟な発想に慣れてったとこがすごく良かった

最終回すごく寂しい…

大学の広報室の人から作者さんがお祝いされていてちょっと面白かった。大学通いながら連載するのスゴイな… https://twitter.com/nzu_koho/status/1178851659260153856

大学の広報室の人から作者さんがお祝いされていてちょっと面白かった。大学通いながら連載するのスゴイな… https://twitter.com/nzu_koho/status/1178851659260153856

@名無し

大学の広報が生徒を先生と呼びTwitterで著書の広報してくれるとかすごすぎて草

女子高生に伝説の絵師が憑依?!にコメントする
『筆とあいつがいればいい。』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

前のクチコミ

主人公の女の子がかわいくてこじらせてていい感じに意地が悪いのが良い!! 人から良く見られちやほやされることを生きがいにしている女子高生の瓦木叶(かわらぎかのう)ちゃん。 クラスメイトに乗せられうっかり絵が上手い発言をしてしまうが、実際はクソど下手な叶ちゃんのもとに現れた他の人には見えない手のひらサイズの小さなじじい。 寝てる間に身体を乗っ取り凄まじい絵を描くそのじじいの正体は葛飾北斎!? 葛飾北斎は満足するまで絵を描きたい。 叶ちゃんは完璧でありたい。 互いに利害が一致し利用し合うことに! 他人にはいい具合に無害な女の子の小ズルさというか、本質は置いておいて良く見られたいという浅ましさが出ていてとてもいいし、たまに出すかわいくない顔芸も素晴らしいし、じじいがちょうどちょっとキモくて絵が凄くて生活に小波乱を起こしそうないいバディ感を醸し出している。 女の子は良く見られたいという理由で頑張っている基本的にはちょっとアホで残念な女の子なので必然的に幽霊であるじじいがいいツッコミ役になっていて、誰がツッコミやってんだよ感はあるものの、何も知らないアホな小娘よりすべて知り尽くして無茶苦茶やるじじいのほうがまともだわなと納得。 2話目で早速葛飾北斎が大いにやらかしているので、叶ちゃんのその場しのぎのカバー力が試されていて面白かった。 今後、絵画の素材や技法がたくさん出てきそうなので単純に面白くなりそう。 ブルーピリオドなどと合わせて読みたい。 もしも葛飾北斎が人生の続きを現代で生きたらという妄想はロマンがあってとても好き。 シオリエクスペリエンスのジミヘンや、少し違うけど刃牙道での宮本武蔵然り。 現代で無双するのか、どこの時点で成仏するのか、いやそもそも絵に終わりははいから満足しないでしょ?とか、ヒカルの碁的に叶ちゃん自身も成長するのか、どう展開するのか楽しみ! 少し気になるとしたらタイトルが葛飾北斎目線っぽいところ。 いや、どっちとも取れるか・・。
筆とあいつがいればいい。

このクチコミも読まれています

超楽しみな新連載が始まりました…!!!! どの読切もいつもめちゃくちゃ好きだった安彦晴先生がついに連載です!これからどうなっていくか楽しみでしょうがない! クラスの半分もいたイケメンが停学になった日にちょうど、美少女のような転校生が「男子校」にやってきて残りの陰キャたちがザワつく! が、陰キャゆえに!動かない!!動けない!! イケメン陽キャたちは二週間後には停学が終わり、登校し始めてしまう! この二週間はどうなるのか!? とりあえず、1日目は……何も起きず!!! なんだこれ!深美森羅(しんら)の正体も目的も1話目に分かるし、問題は陰キャたちですよ!! それぞれに自分こそが!と心に秘めているもののそれを表に出せるのか!? 声を掛けられるのか? 安彦晴先生は以前からもにょもにょした男子たちを描くのがめちゃくちゃ上手かった半面、女子をかわいく描くのも上手いので、嬉しいです! 『五月に隕石、六月には京都』も芋男子3人組と女子3人組の違う視点から違う事実が浮かび上がってきてよかったですよね~ https://twitter.com/haruabiko/status/1186732590595600384?s=20 『塾での平田』も陰キャの違う側面が垣間見れてしびれました! https://twitter.com/haruabiko/status/1258605099552657408?s=20 『狛犬送り』も超かわいくってもう最高だった~ https://twitter.com/haruabiko/status/1393158855937253379?s=20
ザ・シンデレラボーイズ
また読みたい
フォロー