王道の学園年の差ラブ(誘い受け風)

ストーリー的には、年上と年下、二人のイケメンに翻弄されそうなところを黒子として鉄の意志で拒絶する、といういかにも少女漫画らしい展開。
ひもの女ならぬ『黒子女』という単語はキャッチー。

しかし、実際読んでみると黒子キャラがあまり立っていないというか、「黒子でいい」と言いつつ自らスポットライトスポットライトへ当たりに行ってる感が……w

黒子でいいという設定がまったく生かされない、ただのビッチ化してしまった『お堅い女教師女教師』キャラにげんなりしていたものの、JK時代は無邪気でかわいくてよかった。
逆に先生がゲスというか、せめて大人としてちゃんと説明しろよという感じ。

裏切った側の先生の背景が分かってきて、だんだん面白みが増してきた。
それにしても、JK時代のヒロインはかわいい。
傷ついて大人になった後の方があまり魅力的に見えないのは、なんだかもったいないなぁ。

分かりやすい泥沼化はいいと思うけど、先生のやり方がヘタクソすぎて萎える。
まずは自分のメンヘラ嫁を制御してから手を出せよと。

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー