📮ユーザーアンケート実施中📮

遺作

一番下のコメントへ

2018年正月、吠夢と書いてポエムと読む1人のホラー漫画家が亡くなった。
第1話を書き上げた後、遺作となってしまった作品。亡くなったことがメディアでも取り上げられ話題になった。

食い詰めた漫画家が、生活保護を受けに行くという内容のストーリーだが、追い詰められた男の切実さが非常によく描かれていて、なかなか読むのが辛かった。

また本作とは別に、コアマガジンコアマガジンの雑誌で追悼漫画が載っている。

『ゴミ屋敷で孤独死した本誌漫画家「生ポのポエムさん生ポのポエムさん」で訴えたフリーの現実』というタイトルで、編集部の視点から見た、吠夢先生の晩年が描かれている。作画をされた子原こう子原こう先生はどんな気持ちでこれを描かれたのだろうか…

まんがこれが現実貧しい日本 みんな結局、無関心まんがこれが現実貧しい日本 みんな結局、無関心」 (コアコミックス No.541 - 2018/7/30)

興味のある人はこちらも併せて読むといいだろう。

2018年正月...

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
banner