島耕作のスピード感は、『君に届け』を2コマで置き去りにする