「おじゃる丸」の生みの親、犬丸りん先生の記憶

一番下のコメントへ

りんちゃんこと、犬丸りん犬丸りん先生の子ども時代と、家族の日常日常をコミカルに綴ったエッセイ漫画。

ほんとうに小さな思い出ばかりが詰まっていて、誰にでもあったような出来事ばかり。
だけど感性全開のりんちゃんの目を通した世界では、なんの変哲のないことでも面白可笑しく思えてくるから不思議。

誰にでも絡んでいく人気者人気者タイプの子どもだったようで、仲間に囲まれているときの様子は、まるでおじゃる丸おじゃる丸みたいです。おじゃ。

家族構成はというと、果てしなく優しいお父さんに、おちゃめな母親と、凶暴な姉に、伝統に煩い祖母など、静岡のさ○ら家とはまた違う良さがありますな。
とても良い家庭だったのだなあというのを、読んでいて感じました。切ない。

これからもおじゃる丸と共に記憶に残していきたい作品です。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
banner