全4話の異形SF短編集

一番下のコメントへ

壮大なSFの世界観と、ヒューマンドラマが見事に両立している傑作。

処女作から順に載っている短編集なので、序盤の方は絵の粗さが気になるけど、読み進めるほどに洗練され、2009年から2013年にかけての作者の進化をダイレクトに感じることができる。

個人的に好きな話は、第3話目の「まちあわせ」。
各要素のバランスが良くまとまっていて最も完成度が高いと思う。

作中には、異形の生き物が大量に登場するので、虫とか苦手な人にはキツい部分もあるのでご注意を。でも、気持ち悪さより面白さのほうが上回ると信じている。「風の谷のナウシカ風の谷のナウシカ」が問題ない人なら大丈夫。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
banner