金でヒットを生み出すファンタジック野球漫画

金額によってはほとんどビームか大砲みたいな打球を打つようになるようになるから、王道野球漫画とは違った楽しさがあった

たぶん真面目なシーンなんだろうけど、
「こいつ千円の打球を取りやがった。このチーム、手強いぞ!」ってところ笑ったわ

バッティングセンターの時は100円でもかなり強い打球が飛んでっていたから、意外良心的な価格だなって思ったらどんどん上ってたけど、まぁ高校球児から5000円でホームラン打てるなら破格かも

user_private
くるみ割り人魚

沢村のグローブをもらったやつ、バットの感じでいくと、キャッチャーの腕が粉砕骨折してもいいくらいの球威なんじゃないかなって思うんだが、意外と生きてたよな、あいつ

沢村のグローブ...

コメントする
プロフィール情報はありません。ログインまたはユーザー登録をしてください。
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

青山剛昌つながり

少年サンデーつながり

最新のクチコミ

特集

注目著者

もっとみる