金でヒットを生み出すファンタジック野球漫画

あんまり期待しないで読んだけど結構面白かった
長嶋茂雄って名前だけで4番サード4番サードに据えられた男の子がポケットにお金を入れておくとヒットが打てるようになるベイブルースのバットを手にして甲子園を勝ち抜いていくんだけど
「くそう、ヒットを打つためにはバイトをしなきゃ」みたいなことを真面目に言ってたりしてギャグっぽさがあるのに、最後は熱血系でまとめていい感じの短編だった

あんまり期待し...

金額によってはほとんどビームか大砲みたいな打球を打つようになるようになるから、王道野球漫画とは違った楽しさがあった

バッティングセンターの時は100円でもかなり強い打球が飛んでっていたから、意外良心的な価格だなって思ったらどんどん上ってたけど、まぁ高校球児から5000円でホームラン打てるなら破格かも

user_private
くるみ割り人魚

沢村のグローブをもらったやつ、バットの感じでいくと、キャッチャーの腕が粉砕骨折してもいいくらいの球威なんじゃないかなって思うんだが、意外と生きてたよな、あいつ

沢村のグローブ...

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー