学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

主人公「小室孝」は、地方の全寮制高校に通う高校生。幼なじみで密かに思いを寄せていた「宮本麗」が、彼の親友「井豪永」とつきあい始めたことを知り、空虚な毎日を過ごす。だが、昼休みに世界は一変。学園に蘇生した屍=<奴ら>の群れが押し寄せて来たのだ!!<奴ら>に喰われた者は絶命し、正気を失った「生ける屍」として、友人や恋人にまで襲いかかる。刻々と迫る、<奴ら>の群れ。学園に取り残された少年少女の運命は!?
mampuku
mampuku
2019/02/27
文字通り命を削って描かれ(てしまっ)たVRMMOファンタジー
 「たとえ灰になっても」の鬼八頭かかし先生と「魔装学園H×H」を手掛け小説家で脚本家の久慈マサムネ先生による豪華タッグで始まった、美少女VRMMOファンタジー小説のコミカライズ。他のクラスメートと敵対する魔王としてアサインされてしまった根暗主人公、という点には一見してそこまで目新しさがないかもしれませんが、自分を倒そうと向かってくるヒロインを催淫魔法で迎え撃つという悪魔的かつ心躍るストーリーに感嘆。(成年男性向けコミックスでは基本的に竿役は背景あるいは空気として描かれがちなので、男性主人公の、しかも魔王の一人称視点って珍しいんですよね) そんな感じで激化していくであろう闘いを楽しみに読んでいたのですが、作画担当の鬼八頭先生の訃報が飛び込んできてしまいました。。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00010000-huffpost-soci  「たと灰」も楽しく読ませていただいていたのでとてもショックなニュースです。エクスタス・オンラインの連載の今後についての発表はまだ無いようですが(2/27 14:25現在)未完のまま終了となる可能性が高いでしょうね。アニメ化なども視野に入るくらい人気になれば別の作画の人を立てて続行あるいは新連載というのも考えられなくはないですが、鬼八頭先生の絵ではこれ以上読めない喪失感を埋めることはできそうもありません。  最後になりましたが、鬼八頭かかし先生のご冥福をお祈りいたします。

人気クチコミ

mampuku
mampuku
2019/02/27
文字通り命を削って描かれ(てしまっ)たVRMMOファンタジー
 「たとえ灰になっても」の鬼八頭かかし先生と「魔装学園H×H」を手掛け小説家で脚本家の久慈マサムネ先生による豪華タッグで始まった、美少女VRMMOファンタジー小説のコミカライズ。他のクラスメートと敵対する魔王としてアサインされてしまった根暗主人公、という点には一見してそこまで目新しさがないかもしれませんが、自分を倒そうと向かってくるヒロインを催淫魔法で迎え撃つという悪魔的かつ心躍るストーリーに感嘆。(成年男性向けコミックスでは基本的に竿役は背景あるいは空気として描かれがちなので、男性主人公の、しかも魔王の一人称視点って珍しいんですよね) そんな感じで激化していくであろう闘いを楽しみに読んでいたのですが、作画担当の鬼八頭先生の訃報が飛び込んできてしまいました。。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00010000-huffpost-soci  「たと灰」も楽しく読ませていただいていたのでとてもショックなニュースです。エクスタス・オンラインの連載の今後についての発表はまだ無いようですが(2/27 14:25現在)未完のまま終了となる可能性が高いでしょうね。アニメ化なども視野に入るくらい人気になれば別の作画の人を立てて続行あるいは新連載というのも考えられなくはないですが、鬼八頭先生の絵ではこれ以上読めない喪失感を埋めることはできそうもありません。  最後になりましたが、鬼八頭かかし先生のご冥福をお祈りいたします。
mampuku
mampuku
2017/08/20
ある意味怪作というか、よくヒットしたよなこれ…
 可愛いヒロインとイチャコラするだけの話かと思いきや、だんだんと熱いクリエイター物語としての本性を現していき、終盤の壮絶なNTR展開でどん底に叩き落されたそこへ「彼女」という一筋の光が差し伸べられる。ラストはアニメ2期と同じでした(原作7巻ぶん)。前向きで美しい終わり方なだけに、続きが欲しいような満足なような・・・  あと、クリエイターとしてもラブコメ主人公としても安芸くんはめっちゃ成長したり覚醒したりするわけではなく(むしろそれをやってるのは詩羽とか英梨々とか加藤だったりするw)それでも熱くて前向きな話が描けるんだなぁと新鮮な気持ちになりました。普通の少年漫画とは鏡映しみたいな構図ですね。その違和感の正体に気が付くまでに数巻分かかりました(笑)  多くのラノベ原作コミカライズに言えることですが、「冴えカノ」はとにかくアニメの出来が素晴らしいので、一番のおすすめはこれ読んで気に入ったらアニメを観ることですね。  ラノベの漫画版の在り方として「別解釈」「補完」「ダイジェスト」などがよくある形だと思うのですが、冴えカノは「ダイジェスト」が一番近いかな?と感じます。
もっとみる