投稿
コメント
わかる

そういえば最近これ読んで面白かったわ

漫画研究家・泉信行さんが、漫画家・西島大介さんの挿絵とともに、いつも私たちが読んでいる「漫画」のイメージや、見え方が変わるような視点をお伝えしていきます。

凄い傑作だと思うのだけれど、 ・スポーツ漫画とか野球漫画とかギャンブル漫画とか、  ジャンル分けしにくい。  なので、扱い方というか評価の仕方が難しい。 ・面白さを言葉では説明しがたい ってことなどから、いまいち世間に面白さが 浸透していない感じがしますね。 読み始めたら止まらなくなるのだけれど。

凄い傑作だと思うのだけれど、 ・スポーツ漫画とか野球漫画とかギャンブル漫画とか、  ジャンル分けしにくい。  なので、扱い方というか評価の仕方が難しい。 ・面白さを言葉では説明しがたい ってことなどから、いまいち世間に面白さが 浸透していない感じがしますね。 読み始めたら止まらなくなるのだけれど。

@名無し

たしかにジャンルが不明瞭で入りにくいっていうのはありそうですね~
傑作なのは間違いないし、アニメの完成度も高かったので、タイミングというか運さえ良かったら、かなり流行った気もするんですが……。
読み始めたら止まらないのは本当にそうですよね。実際、いまのところ漫画好きの友人に勧めてハズれたことないです!

ゴラク読み返したら忘れてたこといっぱいあった…。殺された狩野さんの娘が大吾に渡してた謎の電話番号。生前の狩野さんは誰かと連絡を取ってたらしい。この番号で何か分かることってありますかね…?
camera

ゴラク読み返したら忘れてたこといっぱいあった…。殺された狩野さんの娘が大吾に渡してた謎の電話番号。生前の狩野さんは誰かと連絡を取ってたらしい。この番号で何か分かることってありますかね…?

ゴラク読み返し...
@名無し

010から始まる電話番号はどうやら『日本国内の電話から国際電話をかける場合に電話番号の頭につける数字列。2001年5月1日より利用可能となった』らしい。(WIKIより引用)

これで、この物語が国を跨いだ話であることがほぼ確定。これは『あの人』外国人説がマジで現実味を帯びてきたぞ......。ナイス情報!!!

前作日常の余波からか単行本勢が多いからCITYレース編が単行本化された時の単行本勢のリアクションが楽しみでならない まさか前作日常からここまで洗練されるとは思ってもみなかった

前作日常の余波からか単行本勢が多いからCITYレース編が単行本化された時の単行本勢のリアクションが楽しみでならない まさか前作日常からここまで洗練されるとは思ってもみなかった

@名無し

日常日常は「それぞれの魅力的な人達が個々のコミュニティの楽しい話」を見せてくれる漫画だったけど、CITYCITYは「魅力的な人達の住む町の話」だからストーリーとしての奥行きが出てますよね。
日常ももちろん好きだったけど、読み返したくなるのはCITYかも。漫画としてぐっと楽しくなった気がしてます

「血の味がするよ」って言ってるましろちゃんの口の中に入ってるの肉片…?

「血の味がするよ」って言ってるましろちゃんの口の中に入ってるの肉片…?

@名無し

これめっちゃ面白い着眼点。そう考えると、ましろましろちゃんはある意味で「人食い」の仲間とも言える。そういえば「あの人」とましろちゃんは会ってるよね。でもなにもされてない....。仲間と認識された....?

ちょうど読みました。それぞれの年齢感がちゃんと出てるのが面白いですよね。でもやっぱ語る時は年齢とか関係ないって感じ。そこらへんがうまいなぁと思いました

ずっと積んでた3巻をようやく読んだ。最高に面白い。
子供の頃の考古学者になりたいっていう初期衝動とか、そういうものもちゃんと掬って描いているのがいい。だからトカゲ釣りの回とか、コウライキジの回とか、ワクワクするものが描けるんだなと思った。ほんとよかった

バニラクッキー電子版クッキーアイスの中のクッキーの数を数えたり、折り鶴を延々と折ったり。辛いときにそういうことをやりたくなる気持ちはわかるけど、絶妙に暗くなりすぎない行動をさせてるのが上手い。いい意味でみちおのキャラの掘り下げもできてる。エピソードもいいし、いい話のまんま終わらせるわけじゃなく、ギャグで落とすのも素晴らしい。すごい良い回だった