運命の三週間

運命の三週間

新米獣医ジョージアのドッグトレーニングに、いたずら好きの犬ベンがやって来た。つき添いはいつもの老婦人ではなく、ハンサムな男性。婦人の甥だという彼…ピアズの見守る中、やんちゃなベンの訓練は散々な結果に。するとピアズはジョージアを批判し「君には期待できそうにない」と苦情を入れてきた。なんて嫌な人なの!? 一対一で訓練すればきちんとしつけられるわ! ジョージアの言葉にピアズは、伯母が旅行中の3週間、住みこみでベンをしつけてみせろと告げて!?
バカンスの誘惑

バカンスの誘惑

ニューヨークで大学教授をしているメロディは、結婚できない自分に焦りを感じていた。過去つきあってきた男性たちはなぜか結婚には至らなかった…私の何がいけないの? もしかしたら経験豊富なプレイボーイなら私の悩みに最高のアドバイスを与えてくれる? メロディはバチェラー・オークションで、人気カメラマンのアーチャーを落札し恋の手ほどきを受けることにした。が、週末のバカンスはふたりを夢のような一夜にいざなう。結婚を望まない男性を好きになるなんて…。
凍りついた微笑

凍りついた微笑

犯罪心理学者のオーガスタスは、ある殺人事件の調査でモンタナ州ユートピアにやってきた。チャーリー・ラーキンという人物が事件に関与していると推理して本人を探し出し、オーガスタスは驚いた。チャーリーはとびきりの美人だったのだ。プロファイルによれば、彼女は連続殺人犯の典型なのだが、調査すればするほどチャーリーという人物がわからなくなる。いつしか彼は謎めいたチャーリーに惹かれ、無理やりキスを奪った。すると彼女は思いがけない反応を示して…?
夜ふけの恋人

夜ふけの恋人

人気ラジオ番組のプロデューサーを務めるアリーは恋も仕事も順風満帆。しかしある日突然、部下に恋人も仕事も奪われ深夜番組を押しつけられてしまった! 信じられない――アリーはバーへ行き、わずかに残ったプライドを守るため男性に声をかけ、今だけ恋人のふりをしてほしいと懇願する。少し危険な香りのする謎めいた男性チャーリーは情熱的に唇を奪うが、まさかその深夜番組の新しいDⅮJだなんて!? しかも、そうと知ったうえで彼と一夜を過ごし…。
小さなラブレター

小さなラブレター

大富豪ルカ・ベレッティーニの頼み事にギャビの心は大きく揺れた。始まりは慈善財団で働く彼女のもとに送られてきた一通の手紙。送り主は7歳の少年で、母親を亡くした悲しみと自身に控える難しい手術への不安が綴られていた。ギャビは涙し、少年を励まそうと訪ねた。そこで父親が有名なルカだとわかって…。「息子と3人で過ごしてくれないか?」ルカの父性愛に感動する一方、異性として心惹かれてしまうギャビ。あの過ちを繰り返してしまうかもしれないのに…。
月夜の出来事

月夜の出来事

イタリアにある海辺のヴィラに義兄を探し、訪れたベス。連絡のとれない彼に義父が病に倒れ重症だと伝えなくては! が、義兄は不在…途方に暮れるベスの前に神秘的な黒い瞳をもつ、支配者然とした男性ロレンツォが現れた。彼はベスの話をまともに聞こうとせず、いきなり悪者扱いしてくる。義兄とトラブルがあったのかもしれないが、ベスは危険なにおいのするこの男性には近づかないでおこうと心に決めた。が、「嘘は女の天性だ」と抗う間もなく彼に唇を奪われて――!?
ハートにアクセス

ハートにアクセス

神様、やっぱり彼は完璧よ! 近所のバイクショップの経営者ジェイ・ワグナーを見るとアメリアの世界は輝きだす。大学院生のアメリアの周りは花盛りと言わんばかりに恋だの愛だのにあふれているのに、冴えない彼女には何もない…。でもジェイはアメリアの中にある熱い何かを刺激するのだ。けれど彼に声をかける勇気はなく、もし彼に触れられたら…と妄想をブログに綴る日々。そんなある日、突然ジェイに話しかけられる。それもアメリアが描いた妄想どおりに――。
プロポーズを夢見て

プロポーズを夢見て

看護師ブリタニアは、オランダから一時的に招かれた外科医ヤーケ教授にひと目で惹かれた。長身で落ち着いた雰囲気のハンサムなヤーケはまさに理想の男性。帰国した彼を追ってブリタニアはオランダを訪れるが、ヤーケの自宅に招かれ、息をのんだ。自宅がお城!? 足がすくむ思いのブリタニアの前に、挑戦的な態度の美女が現れた。マデレイネと名乗る彼女はヤーケの昔からの友人だという。すっかり自信喪失したブリタニアは、さらに思いがけない不運に見舞われ…!?
人魚姫の偽りの結婚

人魚姫の偽りの結婚

動物学者のモーリーンは就労ビザの期限が近づき途方に暮れていた。すると、同じ島に働くザンダーが偽りの結婚を提案してきた。彼はこの結婚により亡き妻の親に娘を奪われることを回避し、私は大好きな仕事を続けられると彼は言う。夢のような話だけれど、前から心を寄せていた彼からのプロポーズが偽りだなんて…。しかも自分を愛していない男性と形だけの結婚なんて、そんな残酷な日々を耐えられるのかしら? 優しくしないで…私、真実だと勘違いしてしまうわ――。
秘書物語

秘書物語

大企業インフェルノ社に採用された22歳のオリヴィア。希望する経理部への配属が決まっていたはずが、初出勤で言いわたされたのはCEOの代理秘書。CEOのタッカーは優れた頭脳と冷徹な決断力でのしあがった億万長者。断れば、くびになるのは明らか――とまどいを隠せない彼女の前に、長身の美しい男性が現れた。この人が…私のボス? 恐れと憧れのはざまで呆然とする彼女に向かい、タッカーは言いはなった。「きみは意見も質問もしてはいけない。言われた仕事だけすればいい」
仕組まれた愛の日々

仕組まれた愛の日々

秘書のアンナは、ある朝目覚めると社長ステファノの妻になっていた。なんと彼女は、ふいの事故で1年ぶんの記憶を失ってしまっていた。私から結婚を迫ったですって!? 稀代のプレイボーイをあんなに拒んでいた私がなぜ…。動揺する妻とは違い、夫はこの状況を密かに笑った。これは僕の逆鱗に触れた君に報復する、いいチャンスだ。君が要求したものをやるつもりは断じてない…。ステファノの欺瞞は夫婦の日々を刻々と蝕み、やがて隠れていた悲痛な事実が明るみに出る!!
すてきな暴君

すてきな暴君

ひと月ぶりに愛する我が家へ戻ってきたジュリアは愕然とした。留守中に父が破産し、家屋敷を売り払うことになっていたのだ。買い手は悪名高いギリシア人富豪アレックス。礼儀知らずで傲慢な彼に反発していたジュリアだったが、あろうことか彼は彼女を気に入り、誘惑したばかりか、ぼくのものになれば屋敷を手放さずにすむと言って求婚してきた。かすかな胸のときめきを無視し、ジュリアはその申し出を受けた。これはすべて家のため――そう自分に言いきかせながら。
月明かりのタバサ

月明かりのタバサ

「何をしたって無駄よ…あなたは美しくないんだから」看護師のタバサは、幼い頃から義母にそう言われつづけてきた。美人の継妹リリスと比較されながら。容姿に自信が持てないタバサは恋愛を諦め、仕事に専念して生きていた。オランダから来た医師マリウス・ファン・ビークに出会うまでは。とてもハンサムで腕も立つ彼は、いつもやさしく穏やかで、タバサは生まれて初めて、男性に惹かれずにいられなかった。しかし彼は、よりによってリリスとつきあっているらしく…。
罪深いプロポーズ

罪深いプロポーズ

タラは母とふたりの妹たちと一緒に、シドニーでブライダル関連のビジネスを営んでいる。完璧なプロポーズやウエディングを演出するのがタラの仕事だ。ある日、若手実業家の大物パトリックから依頼がくる。他人の助けなど必要ないほどハンサムで億万長者の彼からの依頼には疑問を持ったが、成功させればいい宣伝になるチャンスと思い、引き受けることにする。私はプロとして淡々と仕事を進めるだけ――そう思っていたはずなのに、彼の思わせぶりな視線に心乱されて…!?
キスの呪縛

キスの呪縛

亡き伯母の屋敷を訪ねたセアドーラが偶然再会したのは7年もの間、彼女の心を捕らえて放さない町の荒くれ者デイモン。17歳だったあの日、いい子の私を疎むデイモンは冷やかしでキスをした。成熟した大人の彼に与えられた初めての官能は、唇に刻印のように焼きつき、今も消し去れずにいる――。セアドーラは伯母の遺言状を機会に、再びかかわることになったデイモンへの不毛な想いを清算しようと考えた。しかし危険な魅力を増した彼に、心と体はさらに翻弄されてしまう!!
ヴァイキングの誇り

ヴァイキングの誇り

夫に支配され、自分をおとしめるような人生は嫌。父に政略結婚を命じられたロザモンドは盗賊にさらわれたふりをして逃げ出す。救出に現れたのは、黄金の髪と蒼い瞳をもつ巨人アグレイヴァ―。彼は比類なき残酷さを誇るヴァイキングで、彼の住む城へとつれて行かれてしまう。もう一度逃げるチャンスをうかがっていたロザモンドだが、光が弾けたような彼の笑顔、大きく温かい腕、そして孤独な魂にふれるにつれ彼のすべてを包み込み、愛したいと願うようになり…!?
銀の瞳の公爵

銀の瞳の公爵

由緒正しいイタリア公爵家の跡継ぎヴィンチェンツォと、その城の使用人の娘ジェンマは恋をする。だが彼の父は身分違いだとふたりを認めず、その恋は彼の失踪という形で終わった。10年後、製菓学校を卒業したジェンマは城が実業家に買収され、ホテルに改装されると知る。料理人の求人に応募するがその実業家の正体がヴィンチェンツォだったなんて! やり直そうと彼は言うが“身分違い”という事実と、別れも告げず姿を消されたことに心は傷ついたままで…。
赤い誘惑

赤い誘惑

小説家シドニーは長年の夢だったベストセラー1位を獲得した! けど嬉しさよりも虚しさばかり。心当たりはただひとつ――1年前、気鋭の建築家アダムとひと時の情熱を楽しむが、彼が“結婚”をほのめかした瞬間逃げ出してしまったからだ。彼は「深入りは禁物」のルールを破るほどの “特別な存在”だったのに…。やっと自分の気持ちに素直になれたシドニーはもう一度チャンスをつかむためアダムに会いに行くが…女性と同居しているうえに、私を知らないフリをして…!?
飼い慣らせない恋心

飼い慣らせない恋心

田舎町のホテルの従業員をしているキーリーの前に現れたのは記者を名乗るリック。彼は、町の有名な映画スターで俳優ロッドの15年前の出来事について調べているという。心当たりがあるものの、覚えていないと彼女は答えてしまう。だがリックは、彼女の表情から何かを感じたようだった。街を案内しているうちに互いに惹かれあうふたり。だめよ、彼は秘密を知りたいだけ…。この出逢いは運命ではなく、彼が正体を偽り、悲劇的な因縁のために仕組んだものだと彼女は知るよしもなかった。
非情な救世主

非情な救世主

実業家アレクシスに抱かれた夜を、リアナはこの6年間ずっと悔やんでいた。彼に近づいたのは父の会社を救うため。しかし交渉する間もなく体を奪われ、ひと晩得た快楽ぶんの紙幣をばらまかれただけで、計画は無残に潰えた。貧しい生活となった今、残された希望は幼い息子だけ。そこへ救済の手をさしのべてきたのは、あろうことか元凶アレクシス。そう、皮肉にも愛する息子の父親は彼なのだ。弱ったリアナは愚かにもその手をとってしまう。新たな後悔を生むとも知らずに。
赤毛のアデレイド

赤毛のアデレイド

ロンドンの小児病院に勤める看護師アデレイドは、人事交流のためオランダの病院で1年間働くことになった。不慣れな環境に四苦八苦の毎日を送るアデレイドに、オランダ語の特訓をしてくれるファン・エッセン教授。そんな素敵な彼に心惹かれずにはいられないけれど、男爵家の血筋の彼と一般家庭で育った私では身分が違いすぎるわ。いつも彼のそばにいるブロンドの貴族階級の女性がきっと彼にはお似合い。でも、教授はいつも私にやさしくて…私、恋してもいいですか?
男爵の花嫁

男爵の花嫁

住み込みの家庭教師ジョアナは、貴族の主人に襲われかけ、それを見とがめた夫人に屋敷を追い出されてしまう。お金もなく、推薦状もないから仕事先もない。これからどうしよう…。兄を頼り、管理人として働いている館を訪ねるが、その兄も解雇され姿はなかった。新しい管理人だというネッドに「私の愛人になるのなら、この館にいていい」と侮辱的なことを言われ、思わず彼の頬を平手打ちする。しかし、彼の正体は身分を隠し、領地の調査にやって来た男爵で…!?
億万長者の願い事

億万長者の願い事

船医デラの乗船する豪華客船のオーナーが亡くなった。船の相続人である甥のルークは敏腕と名高いホテル経営者で、今までどおり船を航行してくれる保証はない。2年前の事件で醜い傷を負った私にとって、ここは唯一安らげる聖地なのに。落ち込むデラだが、遺言書開示の日、弁護士はデラに船の所有権の半分が遺されたと宣言した! 「きみは伯父に何をした?」色じかけと決めつけなじるルークに、デラは怒りを募らせた。こんな人と船を共同所有することになるなんて…!?