人助けを生業とした流浪のヒーロー
くにお
くにお
1年以上前
1972年の週刊少年サンデーに掲載されていた劇画ヒーローもの。 主人公は「牙走り百文」と名乗り、困った人を助ける代わりに百文を貰って生活している青年で、 よく乞食に間違われるほどみすぼらしい風貌をしている。 カムイ伝のように、農民の虐げられ方がえげつない時代設定になっており、そんな時代に牙走りはとある信念によって困った人を助けるため全国を放浪している。 牙走り自身は温厚な人間ではあるものの、人助けの最中にどうしても盗賊や悪い商人が湧いて出てくるので戦闘は避けられない。 剣術はかなりの腕前なので、大抵の荒事は乗り切れるが、人を守り切れずに死なせてしまうケースも多い。この世の残酷さに苦悩し続ける主人公。。 ちなみに牙走りは剣術のみならずDIYも得意。 持ち前の器用さと機転によって、生活道具や武器を作り出す。 「いすぱにあの投石機」なんてものまで自作してしまう謎のスキルまで持っている。 後半では、少しずつ牙走りの出自の謎が明かされていくのだが、ここが一番面白かったりする。
牙走り
ある意味スポ根漫画の頂点じゃない?
マンガトリツカレ男
マンガトリツカレ男
1年以上前
京都・三十三間堂の全長120米の縁側を端から端まで、柱にも軒下にも当てずに矢を射とおす通し矢の漫画なんだけど、師匠あり/ライバルあり/トレーニングありで普通のスポーツ漫画としてもおもしろいが、そこに武家の威信やらが絡んで凄い深い漫画になってる。 人間の能力が限界に来た時にどうやって記録のばすかってところが特に良いと思う。
弓道士魂