ヲタクの恋

ヲタクの恋

サラリーマンの五茂葉はオシャレで女性にもモテそうな男子。ところが実態は、ゲイで腐男子なオタクなのだ。こんな俺に恋なんて…と思っていたけど、コミケで出会った布段と意気投合!初めて出来た腐男子の友人にすっかり舞い上がってしまった五茂葉だが、布段には彼女が…?腐男子同士の恋ってどんなの!?
このケダモノ、要注意。本能のままに濡らされて…

このケダモノ、要注意。本能のままに濡らされて…

「俺とのセックス、気持ちイイって認めろよ」先っぽでいいトコロをぐちょぐちょ責められ…もうイカせて―…っ! ――いつもセックスが原因でフラれる…。なんて愚痴っていたら「僕なら貴方を気持ち良くさせられると思いますよ?」と、いかにも童貞クンに煽られて! 「ならイカせてみなさいよ」売り言葉に買い言葉で誘ってみたら!? 味わったことのない激しくって厭らしいキスをされ、奥までシビれてきちゃう…! そのテクは一体ナニ――!? 「鬼畜先輩と残業中に強引H」や「ドS警官のカレに捕らわれた夜」など、こんなに刺激的で絶倫なオス達が満載! 『ケダモノ』にカラダの隅々まで喰べられちゃうっ! 夢のガールズエロティック・アンソロジー、第二弾!!【表紙:つきのおまめ】
親愛なる深山先生へ

親愛なる深山先生へ

「嫌だって言ってくれないと、止めませんよ」触りたい、キスしたい、その先も…。前向きで真っ直ぐな年下男子×他人が苦手な引きこもり小説家の、歳の差ハートフルラブ。小説家の深山紫朗のもとに、ある日、ファンを名乗る若者・稲葉ミヨシが訪ねてくる。深山は幼少期に事故で両脚を失くしていたが、ミヨシはその脚を見るなり目が釘付けに。「中ってどうなってるんですか?」興味津々のミヨシに触られ、ぐいぐい迫られて戸惑う深山だったが、「柔らかくて気持ちいい」と予想外の反応に驚く。それからというものミヨシは毎日訪れるようになり、二人はじょじょに交流を深めるようになる。次第に深山はミヨシの訪問が楽しみになるが、一方ミヨシは自身の深山に対する気持ちの変化に気付き…。募った想いが抑えきれなくなってしまったミヨシは…!?
私の先生はドSでエッチなケダモノ~俺が抑えてるの、分からない?~

私の先生はドSでエッチなケダモノ~俺が抑えてるの、分からない?~

「体だけは一人前に育ちやがって」授業中なのに、股間に滑り込んだ先生の長い指で突起をコリコリと刺激され…溢れ出る初めての快感を抑えきれない! ――年上の幼なじみで、体育教師の千歳に片想い中の知留(ともる)。幼い頃から熱烈アピールをしているけれど、毎回ハイハイとあしらわれてばかり。とうとう想いが抑えきれなくなった知留は、振り向いてほしい一心で誘惑すると…突然知らない男の人のように知留の体を貪りだして!?
ドSおばけが寝かせてくれない

ドSおばけが寝かせてくれない

「いいね、その声もっと聞かせてよ」どんなに嫌がろうと泣き叫ぼうと強引に挿れられイカされる。むしろ、その表情にすら欲情され…!? ゲイの雄二が失恋した夜に体験した出来事は、寝ている間突然何者かにフ●ラされるという奇妙なものだった。その原因は“色情霊”という欲求不満な人間をレ●プする幽霊! しかもドS! 臆せず反抗していたらその霊に気に入られ、毎晩犯される日々となってしまい!? 【初出:デイジーコミックス】
ミダラに濡れる、君を見せて?~いつわりセラピストの極甘マッサージ~

ミダラに濡れる、君を見せて?~いつわりセラピストの極甘マッサージ~

「硬くなったピンクの部分、トロトロにしてあげますよ」まるで愛撫のようなマッサージ。カラダの奥は切なく痺れて、彼が欲しくなっちゃうよ…! 私――藤堂三咲は、天敵である上司・市川部長にイジメられる日々。ヤケ酒で酔いつぶれたところを、謎のセラピスト・ケイに介抱されたのがきっかけで、彼にオイルマッサージをされることになったんだけど…「僕をもっと感じて」甘い囁きと艶めかしい手つきで、熱い蜜が溢れちゃう…!
icon_book
試し読み
理性が飛んじゃう!?ガテンの本能むきだし男子

理性が飛んじゃう!?ガテンの本能むきだし男子

「俺に襲って下さいってか?」たくましい腕に押し倒されて、絶頂! 怖いのに、もっと欲しい…このしびれる感覚は何っ!? 彼氏に「24歳処女は重い」とフラれた朝美。ヤケ酒して酔い潰れたところを、ガテン男子・遊理に介抱されるも、酔った勢いでそのまま指でイカされちゃう!! 翌日、迷惑をかけたお詫びとして、塾講師の朝美は個人授業をすることに。「その代わりに処女の捨て方、教えてやるよ」って、一体どうしてそうなるの!?
icon_book
試し読み

人気クチコミ

もっとみる

最新クチコミ

Kindle Unlimited