夏影追う

夏影追う

久しぶりに会った甥は、ずっと好きだった兄そっくりに成長していた――。田舎の一軒家にひとりで暮らす護は、兄の息子・太陽を夏休みの間だけ預かることになった。長年密かに兄に想いを寄せていた護は、兄のかつての姿に生き写しになっていた太陽に動揺しつつも、甥との日々を平穏に過ごそうと努める。ところがある夜、一緒に寝てほしいとせがみ、同じ布団に入った太陽がぽつりと言い放つ。「ボクのこと…お父さんの代わりにしてもいいよ?」太陽もまた、叔父である護への秘めた想いを抱えていた。そして交錯するふたりの感情は、ひと夏の秘密の関係へとつながっていき…。
妄想フォトグラフ

妄想フォトグラフ

小さいころからずっと憧れて、恋をしていた… そんな彼が、まさか姉の婚約者になるなんて! しかし、僕は知ってしまった… そんな彼を差し置いて、姉が浮気をしていた事実…! やり場のない感情を胸に、遠くから彼の写真を撮り続けるだけの僕は、ついに…!
ヴォカリーズ

ヴォカリーズ

つくも号先生の待望の書き下ろし最新作! 「僕が大人になるたびに、この恋も成長する」ラフマニノフの「ヴォカリーズ」の美しくも物悲しい旋律にのせて、世代を超えた恋が、今紡れていく…。ピアノ教室の先生の健二と、その生徒である修司。子供の頃から亡き父のように健二のことを慕ってきた修司だったが、その想いはいつしか恋へと変化していた。そして健二も、かつて恋をした修司の父親に似ていく修司に惹かれていた。しかし、修司はピアノを続けることを母親に激しく反対されてしまう。母から逃げるように家を飛び出し、気づけば健二のもとへ…。ついに押し殺していた想いが溢れ出し…。二人きりのピアノレッスン、ふと触れ合う指先、視線が絡み合い、吐息が近くなる…―― そして、僕らは超えてはいけない一線を越えた。
夏影追う

夏影追う

久しぶりに会った甥は、ずっと好きだった兄そっくりに成長していた――。田舎の一軒家にひとりで暮らす護は、兄の息子・太陽を夏休みの間だけ預かることになった。長年密かに兄に想いを寄せていた護は、兄のかつての姿に生き写しになっていた太陽に動揺しつつも、甥との日々を平穏に過ごそうと努める。ところがある夜、一緒に寝てほしいとせがみ、同じ布団に入った太陽がぽつりと言い放つ。「ボクのこと…お父さんの代わりにしてもいいよ?」太陽もまた、叔父である護への秘めた想いを抱えていた。そして交錯するふたりの感情は、ひと夏の秘密の関係へとつながっていき…。
妄想フォトグラフ

妄想フォトグラフ

小さいころからずっと憧れて、恋をしていた… そんな彼が、まさか姉の婚約者になるなんて! しかし、僕は知ってしまった… そんな彼を差し置いて、姉が浮気をしていた事実…! やり場のない感情を胸に、遠くから彼の写真を撮り続けるだけの僕は、ついに…!