印刷加工にこだわりがある、とか紙版にしかない特典がある等
「これは紙で買うべき」みたいな漫画ってありますか?

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
それでも町は廻っている 公式ガイドブック廻覧板 電子だと細かすぎて見辛い

それでも町は廻っている 公式ガイドブック廻覧板 電子だと細かすぎて見辛い

@名無し

あれ判型でかいですもんね
本棚に入らない

アナログで描いている作家さんの漫画は、アナログで読みたくなる。
入江亜季先生、森薫先生とか。実際はフルアナログじゃないかもしれませんが、手描きの味が感じられるので。

近藤聡乃さんの「ニューヨークで考え中」は1話が見開き2ページで完結するので本の開きが良い装幀になってるよ。コッデクス装というらしい。

本日、単行本『ニューヨークで考え中』が発売となりました! これまでの連載70話に描き下ろしのプロローグ、エピローグを収録した164ページです。 見開き2ページ、一話完結のスタイルを活かすため、本の開きの良さを重視しました。 ...

ビブリオマニア。電子だとiPadくらいの大きさじゃないと読みづらいんじゃ…と思ったけど元がWEB連載だからかスルスル読めてちょっと意外だった。
絵を細かく見たかったら紙がいいと思う!

ウヒョッ!東京都北区赤羽は表紙のカバー外すとペイティさんの芸術作品の原案が見られる巻があるので(何巻だったかな…?)紙で読んでみてほしい 電子版がどうなってるかわからないけどカバー外してみる喜びは紙ならでは

ウヒョッ!東京都北区赤羽は表紙のカバー外すとペイティさんの芸術作品の原案が見られる巻があるので(何巻だったかな…?)紙で読んでみてほしい 電子版がどうなってるかわからないけどカバー外してみる喜びは紙ならでは

@野愛

手元にあるやつを確認してみたら、初っ端1巻の表紙にしっかり印刷されてましたね、ペイティさんの下ネタ満載のメモが…。
カバー外す楽しみがあると嬉しいですよね。

手元にあるやつを確認してみたら、初っ端1巻の表紙にしっかり印刷されてましたね、ペイティさんの下ネタ満載のメモが…。 カバー外す楽しみがあると嬉しいですよね。

手元にあるやつを確認してみたら、初っ端1巻の表紙にしっかり印刷されてましたね、ペイティさんの下ネタ満載のメモが…。 カバー外す楽しみがあると嬉しいですよね。

@nyae

ペイティさんの芸術を体感できるの嬉しいですよね!
とりあえずカバー外してみるという楽しみは紙ならではの文化ですね。

変わった紙使ってたり凝った加工があるカバーは紙で買いたいよね。本屋さんに行かないとどんな仕様になってるかわからないという…

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
「紙版で読むべき」な漫画ってありますか?にコメントする