icon_reread
また読みたい
フォロー
運命は迷子
同じ幼稚園、同じ小学校に中学校、そして同じ高校――…。小さな頃からずっと一緒だった泰造と1つ下の育人。優秀な育人に勉強を教わりながら、なんとか受験を乗り切った泰造は一足先に大学へ進学。来年、同じ大学に入ってくる育人のために、頼れる先輩として色々教えてやろうと張り切っていたが、育人は地元を離れ、遠くの大学へ進んだことを知る。育人の行動が理解できない泰造は、育人の元へ走るが――…? 『ねぇ、セックスしたい』