icon_reread
また読みたい
フォロー
ハニーキラー01
ハニートラップ―――依頼を受けたうえで男<ターゲット>に浮気をさせ、それを自分が矢面に立たない形で暴露。それによってターゲットに社会的・心理的・金銭的などの様々な「ダメージ」を与えること。社会的地位が高ければ高い人物ほど罠にかからないように注意をしているが…狙ったターゲットを必ずオトし、裏業界では「ハニーキラー」と呼ばれる1人の女のストーリー
ハニーキラー02
次のターゲットは、ジャーナリストの黒田創史――――近寄ってきた女性に、薬を忍ばせたお酒を飲ませ乱暴する。それを女性が訴えたところで、政界・マスコミを使って握りつぶす。被害女性は、自分の力だけでは勝てないことから、「ハニーキラー」に社会的抹殺の依頼をする。
ハニーキラー03
撮影現場ごとに愛人を作り世界中の女を弄んできた俳優・高浦航、マスコミがスキャンダルを報じても、彼の演技がビッグマネー、名作を生み続ける限り活躍し続ける…。その高浦への依頼をしてきたのは、個人ではなく「高浦を止めて欲しい」「女狂いを抹殺して欲しい」という複数の女性だった―
ハニーキラー04
人気アーティスト・音楽プロデューサーの栗山ノボルは、「多くの人に愛される」それこそが歌の、人間の価値だと。貪欲に、強欲に求め続ける栗山は、自分のプロデュースするアイドルユニットのオーディションまでもそれに利用する…そこには多くの女性が――
ハニーキラー05
マッサージで派遣されてきた女性を脅し、乱暴を繰り返す男…。派遣したマッサージ店も状況は知りつつも何も教えず、男の正体は分からない。しかし、犠牲者を増やさない為に、抹殺に向かう―――
ハニーキラー06
大物政治家を義父に持ち、新人として立候補した菅原たかし。周囲が期待するなか、目の前に現れた女性は、一年前にカネと権力を手にする為に捨て別れた元恋人だった。選挙活動中、行く先々に現れる元恋人・・・姿を見せるだけで何もしてはこないが…