icon_reread
また読みたい
フォロー
未亡人登山(1)
山で出逢った二人が織りなす、登山恋記。夫の遺した“山日記”を辿り登山する、麗しき未亡人…… “大切なもの”を失った女と、“大切なもの”に出逢った男のセンチメンタルで雄大な登山恋記。 ――――――――― 風の音、虫の動く音、沢を流れる水の音、心臓の音―― 「山に登っているときだけ、生きている心地がする」と山に魅せられ、山を愛する男―― 加賀山峻(かがやま しゅん)。彼がある日出逢ったのは、山には似つかわしくない風貌の独りの女性、千堂 椿(せんどうつばき)だった。見るに見かねて同行した加賀山は、彼女が“山を登
未亡人登山(2)
壮大なる山岳恋記、“追憶編”完結。亡き夫が遺した“登山日記”を辿り、夫の記憶を追う未亡人・千堂(せんどう) 椿(つばき)。そして登山初心者である彼女を導く、山を愛する男・加賀山(かがやま)峻(しゅん)。「山は一人で登るもの」というポリシーを持っていた加賀山も 椿との登山を重ねるうちに、二人での登山の喜びを感じるように。そして加賀山の心に芽生えた、彼女への恋心の行方は…… 山が繋ぐ、亡き夫と椿… そして加賀山との“縁”とは――!?