reread
また読みたい
フォロー
何かに感動することがなく、好きという感情もよく解らない環奈。当然、男性との恋愛もうまくいかず、バージン歴を更新中。しかし、ピアニスト成澤凱の奏でる、ラフマニノフのピアノソナタを聴いた環奈は、彼の旋律に官能を覚えてしまう。凱のマネージャーとなり、彼のピアノをそばで聴くようになった環奈は、初めて感じた官能という感情をもっと知りたいと思うようになり!?
クラシック音楽事務所で働く環奈は、担当アーティスト成澤凱のピアノソナタに官能を感じる。凱の旋律だけが特別だと思っていた環奈。だが、凱を敵視する若手ピアニストの理人が奏でるラフマニノフにも、何故か同じような感情を抱いてしまう。凱だけが特別だと思いたかった環奈はショックを受けて!?
凱にピアノで勝つことに執念を燃やす理人。その想いを受け、環奈は『ピアノバトル』を開催する。理人と凱の因縁の過去、そして環奈と凱の恋の行方はーー!? 30ページを超える豪華描き下ろし漫画も収録! 震えるクラシックラブ、感動の最終巻!!