あらすじ

龍守の秘密…それを知るために訪れたのは学園内にあった秘密の研究所だった。そこにはサインシステムを提供している六合と篠ノ女と名乗る研究員たちがいて…。龍守が存在する意味、そして、学園が行っている研究の全貌がついに明らかになる! 高山しのぶが描く、劣等生たちの物語第4巻!