icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み
あなたを想うとき、この身は引き裂かれそうになる――。戦時中の日本、夫を待つ女の元に現れた麗しきひと…それは娘の恋人だった…。あなたを想うとき、この身はひきさかれそうになる。この身が枯れようとも、あなたへの想いは永遠に――鳴呼、あなた…私を迎えにきてください。いえ、それは許されぬこと…娘の彼といけない関係に…。匂い立つ艶熟女の背徳の愛昭和18年――■画 ケン月影週刊実話で連載作品の電子化。
抑えきれない欲望が私の心を惑わせるこのとき…私の心はすでに彼のことしかなかったのです…。戦争の最中でもあり…夫を戦地に送り出し娘と生きていく…そのことがかろうじて歯止めを掛けていました。――運命は残酷なもの。■画 ケン月影週刊実話で連載作品の電子化。
娘は恋人と布団の中で愛し合う、そんな夜に突然彼が…。おじに彼との関係を娘に暴露され、このとき罪深さを思い知らされました。死んでしまいたいとさえ思いましたが…私はさらなる罪にさいなまれ死ぬことさえ許されなかったのです…■画 ケン月影週刊実話で連載作品の電子化。
背徳心と愛欲が交差する禁断の情事――二人は瓦礫の中遺体となった花をリアカーで運んだ。辺りは一面遺体の山、山、山でただ…ただ黙祷して通り過ぎるしか…。二人にはなすすべがなく炭と化した遺体をリアカーで踏みつぶしながら歩を進めた…。絶望の中でかすかな希望を見出した私ですが、罪深いことに変わりはなく…幸せになれるなどと一時は思った自分をその後…恥じることになるのでした。■画 ケン月影週刊実話で連載作品の電子化。