あらすじ

東京でいま一番アブない街、愚連街―― 街を脅かす狼狩りの殺人鬼の手がかりを求めて、「死蘇天魔(システマ)」なる武道の道場主・ヴォルコフの元へ来た天道マハル。屋敷を探索していたマハルは、多数の不気味な絵が飾られた部屋を発見。絵には血と、殺人鬼と同じ匂いがまとわりついていた―― 一方、謎の組織“光”一派を追う虎坂シーマも、殺人現場に残された奇妙な図形に書かれた文字を頼りに、ヴォルコフの下にたどり着く。狼狩りの殺人鬼と“光”一派が交差した時、愚連街に蔓延る巨悪が、徐々に恐るべきその全貌を現し始める―― 第惨部「ブラッディシンドローム」ますます絶好調!!