icon_reread
また読みたい
フォロー
悪童-ワルガキ-(1)
ひとつの身体に宿った二人の復讐劇――。冷たい海の底。最悪の日常に、新たなる明日がうまれる。★単行本カバー下イラスト収録★
悪童-ワルガキ-(2)
開かれる――。悪童による悪道。ボクは生きている。憎しみ、心を失い、命を絶ったが、新たな俺が復讐を迫る。★単行本カバー下画像収録★
悪童-ワルガキ-(3)
小さい体に宿る大きな悪魂――。生き直した日常はすべて知らない現実――。その世界での唯一のたしか、それは俺が俺であること。★単行本カバー下画像収録★
悪童-ワルガキ-(4)
“悪”は戦いを求め、闘いは“悪”を求める。スリルの中に潜む極上の快楽。高まる鼓動と真逆に恐怖心が場を凍らす――。失えば二度と取り返せない。それが博打の本質。戦うとは己を賭けること。★単行本カバー下画像収録★
悪童-ワルガキ-(5)
互いの“悪”が惹きつけ合う“悪道”の終着点―――。悪と悪が交わり、命が巡る。己の全てを賭けた勝負は鮮烈な業火で包み込まれる。研ぎ澄まされた刃が刻み込むのは男が生きた証。己が己であるための最後の戦い。★単行本カバー下画像収録★