icon_reread
また読みたい
フォロー
殺人オークション(1)
都内の公園で顔面が焼かれた状態の変死体が見つかった―― 警視庁の佐伯美冬は事件を追うが、その間にも次々に事件が起こっていく。捜査の中で、被害者にはある共通点が浮かび上がってくる。そして、その陰には、殺害方法が競り落とすことができる謎のオークションの存在が―― 正義か、悪か。 衝撃のクライムサスペンス開幕!
殺人オークション(2)
第三の殺人まで起きるものの一向に手がかりが掴めず、捜査は難航を極めた。警視庁の佐伯美冬は、重要参考人の宗谷を根気強く説得を試みることに。一方、宗谷は田辺から事件に関する重要な情報を閲覧できるパソコンを受け取っていた。しかし、殺害への恐怖と田辺への思いの中で揺れ動いていており一歩が踏み出せなかった。そんななか、佐伯宛に匿名の荷物が届いた――。
殺人オークション(3)
警視庁のベテラン刑事・岩田の裏切りにより、警察内部にも内通者がいることが判明し、動揺が走る。そんな中、宗谷のもとに新たな刑事が事情聴取に訪れるが、粗暴な彼らによりまたしても宗谷は心を閉ざしてしまう。一方、阿部は新たなオークションを開催すべく、被害者家族のもとに向かうが――。次々に現れる犯人側の刺客。彼らを止めることはできるのか!? 正義か、悪か。衝撃のクライムサスペンス!
殺人オークション(4)
捜査を続ける美冬の下に、最愛の弟が殺害されたと報告が入る。美冬は必ず犯人を見つけ出すことを決意する。一方、警察の追及により、オークションは瓦解寸前となる中、阿部は娘の仇である一之瀬をオークションにかける。一人でもオークションを成功させようと動き出すが――。ついに決着。正義か、悪か。衝撃のクライムサスペンス、堂々完結!