あらすじ

「爺ッち まァだ生きてっかァ」「まァだだよ」高原の秋はいっそく飛びにやってきて、はなやかに燃え、燃えつくしていく。集落のはずれにある三治郎爺さんは,肺癌に侵されあと一か月ほどの命だった。彼は見川センセの25年来の狩猟の師匠で、村一番のテッポウ三治郎なのだ。見川センセは、いつも三治郎爺さんの家に来てはいろんな話をして、つい帰りそびれてしまう。「テッポウ三治郎」より 那須高原での人々の暮らしを見つめる山医者・見川鯛山の生活記をあますところなくコミック化した傑作シリーズ第2巻。