icon_reread
また読みたい
フォロー
本日も休診(1)
私には二つの日本記録がある。一つは那須の中腹、海抜千メートルという日本一高いところに診療所があるコト。もう一つは、私の診療所が日本一小さいコトだ。だから近所の人は、私がヤブ医者と勘違いして町の病院に行ってしまい、収入のほうも日本一… なのだ。第1話:今日も患者がサッパリこない診療所で見川センセが大きなあくびをしていると、そこへ一人の美女がやってきた。「先生、全然変わってないわ」親し気に話しかけてくるのだが、全く記憶のない見川センセ。一体この美女は何者? 那須高原での人々の暮らしを見つめる山医者・見川鯛山の生活記をあますところなくコミック化した傑作シリーズ。
本日も休診(2)
「爺ッち まァだ生きてっかァ」「まァだだよ」高原の秋はいっそく飛びにやってきて、はなやかに燃え、燃えつくしていく。集落のはずれにある三治郎爺さんは,肺癌に侵されあと一か月ほどの命だった。彼は見川センセの25年来の狩猟の師匠で、村一番のテッポウ三治郎なのだ。見川センセは、いつも三治郎爺さんの家に来てはいろんな話をして、つい帰りそびれてしまう。「テッポウ三治郎」より 那須高原での人々の暮らしを見つめる山医者・見川鯛山の生活記をあますところなくコミック化した傑作シリーズ第2巻。