あらすじ

恋愛税の脱税犯として、指名手配される羽目となったジンと審査官アニゼット。追手をかわしながらジンは、街を覆う霧の出所「噴霧館」を爆破、巨大墳墓は大量流出した霧に包まれ「盗まれたように」その姿が見えなくなる事態に。そしてついに街の主ボルスとジンは墳墓の前であい対峙することとなる…>寄る辺なきものが集う「樽なき酒の街」で幼きジンが出会ったのは天涯孤独の「名前のない男」だった。短編エル・スール収録。

KING OF BANDIT JINGのクチコミ

user_private
名無し
10ヶ月前

皆さんの『マンガ履歴書』が見たい!

▼はじめて読んだマンガ [ロボチョイAの載っていたコロコロか、超戦士 ガンダム野郎の載っていたボンボンのどちらか] ▼はじめて買った単行本・雑誌 [同上、単行本は覚えていない] ▼幼少期に読んでたマンガ・マンガ家 [熊倉裕一、永井豪、手塚治虫、横山光輝、松本零士、帯ひろ志、鳥山明] ▼青春時代に読んでたマンガ・マンガ家 [濃爆おたく先生、KING OF BANDIT JING、クロノアイズ、鋼の錬金術師] ▼大人になって好きになったマンガ・マンガ家 [KING OF BANDIT JING] ▼年齢問わず、ずっと好きなマンガ・マンガ家 [手塚治虫、鳥山明] ▼「なんか面白い漫画ない?」って聞かれた時に答えるマンガ [相手次第としかだがとりあえず短めなら道満晴明、長編ならマップス] ▼子孫へ受け継ぎたいマンガ [鋼の錬金術師、ブラック・ジャック] ▼死んだら棺桶に入れて欲しいマンガ [棺桶には入れなくていい、受け継いでくれるか売りはらってくれ] ▼最後に履歴書を書いてみた感想をぜひ! [そういえばKINGOFBANDITJINGの方は初めて読んだ時は対象年齢上がり過ぎて当時は理解難しかったなあとか、ボンボンっ子だったけど実際どっち先に読んだっけ…とか]