reread
また読みたい
フォロー
「東京カラス」「リュウマのガゴウ」の宮下裕樹が放つ中世ファンタジー巨編!17世紀初頭、神聖ローマ帝国。この地では、原告と被告の決闘で有罪無罪が決まる「決闘裁判」が広く行われていた。神は正しい方の人間を勝利に導く、という教えのもとに‥‥。少年ニコが姉と暮らす南西の町ブライザッハでも決闘裁判が日々行われていた。決闘裁判を嫌う姉をよそに、ニコは特に何も考えていなかった。姉が死んだその日までは‥‥。
17世紀初頭、神聖ローマ帝国。ニコ達は、アリアとヴォルフが探す「救国の代闘士」がいるという都市・フライブルクに到着。しかし、栄えている塀の内側とは反対に、外側の農村では、傭兵たちによる略奪が起きていた。激昂し、傭兵の1人に決闘裁判を申し込んだニコは、あっという間に袋叩きにされる。そこに割って入った一人の男によって助けられるが、何やらヴォルフやアリアと因縁がありそうで‥‥。
17世紀初頭、神聖ローマ帝国。ニコとクロイツの決闘裁判は、圧倒的不利だったニコの捨て身のカウンターが決まったところで、アリアが一人の子供を連れてくる。それはフライブルク前領主と妃の息子であり、この国の正統なる後継者だった。子供が救出されたことで、クロイツは今までの自分の行いへの懺悔と代官ゲルルフの不正を告発しようとするが‥‥。
17世紀初頭、神聖ローマ帝国。ニコとクロイツの決闘裁判は、圧倒的不利だったニコの捨て身のカウンターが決まったところで、アリアが一人の子供を連れてくる。それはフライブルク前領主と妃の息子であり、この国の正統なる後継者だった。子供が救出されたことで、クロイツは今までの自分の行いへの懺悔と代官ゲルルフの不正を告発しようとするが‥‥。