あらすじ

日常の中に次々と新しい製品が増えて、生活が豊かに変化していく世の中は、次第にレジャーや観光ブームになっていく。高度経済成長期に入った日本は、あらゆるものが売れるようになり、自家用車は急増し、道路が整備され、温泉客は増えた。そんな中、哲也は黙々と露天風呂を改修し、洞窟風呂を掘り続けて完成させる。