reread
また読みたい
フォロー
羽賀六冠のタイトル制覇か、谷山名王の防衛か、大注目の対局中に記録係がまさかの居眠りをしていた。彼の名は奨励会6年目の田村一平。結果、対局は羽賀の勝利に終わったが、一平は谷山にも勝利への手があったと発言。誰も気づけなかったその一手に周囲は驚嘆する…!!
新宿アルタ前にて、大観衆を前にして目隠し三面将棋を行うことになった一平!! プライドを賭けて挑んだだけあって順調に局面をこなしていくが、観客の中にチャチャを入れる女共がいて一平は怒り心頭。しかもその影響で頭の中が真っ白になってしまった…!!
三段リーグにて前田の引退が懸かった一局に敗れた一平は、周囲から「温情対局だ」とあらぬ疑いをかけられ、脱出困難なスランプに陥ってしまう――。果たして一平に活路はあるのか…!? 堂々の完結編!!