reread
また読みたい
フォロー
酔って帰ったOLの芽衣が翌朝目覚めると、なぜか隣で“イケメン眼鏡王子”と噂される同期の宮坂が寝ていた!芽衣に残る、甘い夜の記憶…。あれは夢だった、そう思おうとしたのに「昨日、芽衣を抱いたのは俺だから」という衝撃の宣告が!?昨夜の記憶があいまいな芽衣は、クールで恋愛に興味がなさそうな宮坂だけに、冗談だと思い込もうとする。しかしそれ以来、宮坂はあの手この手で距離を縮めてこようとして…。(この作品は電子コミック誌comic Berry’s Vol.1~5に収録されています。重複購入にご注意ください)
ついに宮坂への恋心を自覚した芽衣。宮坂の全部が好き――そう思ったのも束の間、何かと嫌がらせをしてくる沖田からホテルに呼び出されてしまう。芽衣はひとりで沖田に対峙するが、沖田はとある秘密を明かし、それを盾に芽衣に身体の関係を要求。宮坂を守りたい一心の芽衣はその要求を飲もうとするが、そこに彼が現れて…。次々と明らかになる、宮坂と沖田の事情。そして、宮坂が抱え込んでいた熱い気持ちも隠しきれなくなっていく。波乱のオフィスラブはどんどん蜜色に変わっていって…。(この作品は電子コミック誌comic Berry’s Vol.9・12・16・18に収録されています。重複購入にご注意ください)
やっとのことで恋人同士になった芽衣と宮坂。時には社内でも甘い時間を過ごし、お互いに熱い気持ちが隠しきれない。しかし、そんな幸せ絶頂な芽衣を呼び止めたのは…沖田だった。ついに明かされる宮坂と沖田の本当の関係――衝撃の真実を知った芽衣は、どうにかして宮坂を守ろうと沖田の出した条件を飲んで、宮坂と別れることを選ぶ。けれど、“彼”があっさり引き下がるはずもなく…。大激動のオフィスラブ、ついに完結!(この作品は電子コミック誌comic Berry’s Vo20・22・24に収録されています。重複購入にご注意ください)