icon_reread
また読みたい
フォロー
サイクル野郎(1)
ケンカをすれば負けてばかり、試験の点数は常に50点以下と、何をやっても中途半端な中学生・丸井輪太郎。ひょんなことがきっかけで自転車ロードレースに出場した輪太郎は、オリンピックをめざす坂巻と同着優勝を果たす。将来、家業の自転車屋を継ぐことを決意した輪太郎は修行のため自転車で日本一周の旅に出かけるのだが……。
サイクル野郎(2)
自転車での日本一周をめざし、友人の陣太郎と共に旅に出た輪太郎。その途中、秩父山中の町で、有力者を父にもつ矢倉大吾と出会う。傍若無人に振舞う矢倉の鼻柱を折るため、祭りの催しで行われる自転車大会に出場した輪太郎。妨害に遭いながらも、何とか矢倉を負かし、賞品でもらったブタを引き連れて秩父越えに挑む。
サイクル野郎(3)
奥秩父を越え、長野に入った輪太郎。しかし、その先の道をめぐって陣太郎と対立。諏訪から木曽の妻籠をとおって地獄谷へ行こうとする輪太郎に対し、小諸を通ることを主張する陣太郎。結局、ふた手に分かれて地獄谷をめざすことに…。諏訪湖、長野駅、善光寺を抜け、地獄谷へ向かう輪太郎。しかし、そこには雪深い山道が待ち受けていた。
サイクル野郎(4)
山形の天童へと辿り着いた輪太郎は、陣太郎と共に泊めてくれる寺を探し奔走。だが、なかなか見つからずに四苦八苦。ようやく王将寺なる寺に泊めてもらえることになるのだが、スパルタ和尚相手に悪戦苦闘。しかし、一宿一飯の恩に報いるため、掃除と雪かきをする二人。そんな二人にものすごい褒美が待っていた…!?
サイクル野郎(5)
秋田で出会った日高剣吾を加え、輪太郎たちは青森へと向かう。ようやく辿り着いた恐山で、いたこから、大きな不幸の色が見えると言われ、輪太郎は動揺する。そんな矢先、母親が胃潰瘍で入院したことを知り、そのことを無視してまで日本一周をやりとげる価値があるものかと悩みはじめるのだが…。
サイクル野郎(6)
北海道へと上陸した輪太郎たちは、途中知り合った女子サイクリストグループに同行。陣太郎やなまはげが女の子と仲良くしているのを横目に、サイクリストの理想のリーダー像をめぐり朝川陽子と火花を散らす輪太郎。そうこうしているうちにすっかり打ち解ける二人だったが、悲しい別れの時が迫っていた。
サイクル野郎(7)
走行プランで対立し、札幌駅を出発点にそれぞれ別コースで北海道をまわることにした三人。日本海に出た後、旭川経由で太平洋側をめざす輪太郎は、途中、日本一周に憧れる少年・小原正太と出会い同行する。しかし、自転車での旅を簡単に考えている正太に対し、それがどんなに大変なものかを分からせるため、輪太郎はあの手この手で…。
サイクル野郎(8)
悪路に悩まされながらも、ようやく釧路に辿り着いた輪太郎。すでにタイヤの寿命が限界に達していたたため、宿泊先のユースホステルに送ってもらうよう、東京の父にハガキを出していた。しかし、二日経っても郵便は届かず焦る輪太郎。一方、父はここで甘やかしてはいけないとタイヤを送らずにいたのだった。
サイクル野郎(9)
知床半島の山中で出会った金髪ヒッチ・ハイカーのリンと共に、輪太郎はウトロ港へと向かう。そこで、団体旅行に来ていた隣家の公害オヤジ・田沼と出くわし、すっかりリズムを狂わされてしまう。ようやくリン、田沼のオヤジと別れた輪太郎は、一人網走をめざす。その頃、陣太郎は屈斜路湖、ナマハゲは根室にいた。
サイクル野郎(10)
長旅の疲れと雨に濡れたことが影響し、輪太郎は士別市に着くなり倒れてしまう。ばんえいの競走馬を育てる熊次郎に助けられた輪太郎は、ギックリ腰になった熊次郎の代わりに馬の面倒を見ることに…。陣太郎たちと宗谷岬での再会を約束した日まであと二日となるが、輪太郎は出発を切り出せずにいた。