reread
また読みたい
フォロー
日本極道史~昭和編(1)
風間英樹の極道としての第一歩は、三の宮の彫師、彫政を訪ねた時から始まった…。時に昭和33年4月、18歳の春、旅に出て1年…。芝居映画に見る「任侠道」には程遠い過酷な現代の任侠の表裏を直視せねばなかった。盃一つに秘められた男たちの侠気を謳う最高傑作。
日本極道史~昭和編(2)
4年振りに出所した藤堂組若頭・菊池龍次を待っていたものはドス黒い陥穽(かんせい)だった。仁義を捨て、親分(おや)を殺し、敵対組織と手を結ぼうとする樋口。その襲名披露の会場を血に染めて、菊地龍次が奈落の底の殺し場に一輪咲かせた地獄華! 他、「博徒対愚連隊」収録。
日本極道史~昭和編(3)
安川組の大幹部村木は、組の金看板に泥を塗り、女と駆落ちした矢島を追って四国高松へ。過去の深い傷跡を胸に秘めた極道村木がたどる苦渋に満ちた仁義の果て!
日本極道史~昭和編(4)
太刀川組若頭・大島源一郎とその実弟、鶴政組若頭補佐・大島文次郎。関西制覇という大きな野望の前にゆれる兄と弟の血のつながり。渡世の掟を守る弟が襲名披露を血に染めるやくざの花道。他、「やくざの憲法『逆縁』」収録。
日本極道史~昭和編(5)
いつの日にか、この手で大阪を奪(と)る! 渡世の義理を踏み外して、のし上がろうとする天堂組若頭の津上剛次郎。仁義の世界を甘く見た傍若無人の振舞にきびしい渡世掟の廻状がまわる。他、「やくざの憲法 義理」「仁義の舞」収録。
日本極道史~昭和編(6)
賭場のもつれから反目をきたした岩田組と誠道会の二つの組織。黒い策謀の中で男と男の意地が燃えあがり、互いに抜きさしならぬ血の決着を呼ぶ。他、「皆殺しの仁義」「血縁龍虎の盃」収録。
日本極道史~昭和編(7)
島田組の賭場(ボン)に警察の手入れが二度あった。密告による手入れと判断した島田組幹部桜井鉄太郎と金沢慎市は、客の一人を調べると案の定、背後には城崎虎男ひきいる白虎会が絡んでいた。白虎会に乗りこむ桜井と金沢。島田組対白虎会……。事件が事件を生み、引くに引かれぬ殺しの全面戦争へと発展して行く。著者会心の傑作長編。
日本極道史~昭和編(8)
白虎会二代目・越智俊英を舎弟にした桜井鉄太郎は二代目島田組の若頭についた。時はあたかも頂上作戦のさなか、あい次ぐ暴力組織解散の中で、桜井に賭けた越智の非情の闘いが開始された。他、「残侠の終焉」収録。
日本極道史~昭和編(9)
島田組二代目・佐久間龍造が仆れた。跡目をめぐり、島田組を真っ二つに割って抗争が激化。
日本極道史~昭和編(10)
島田組三代目・桜井鉄太郎の兄弟分、金沢慎市が出所してきた。歳月はあまりに大きかった…。