ROAD(1) ~輝ける道~
一本の道をたすきで繋ぎ執念で走り継ぐ駅伝ー。各チームの補欠ばかりを集めた混成Bチーム「カモメ」。はぐれ者の彼らが、日本中の強豪をおしのけゴールデンテープを切ることを目標にレースに挑む! 果たして、たすきを最後まで繋ぐことができるのか!? 「横浜・富士オープン駅伝」を走り抜けるのは、第1区「地獄を見た男」北川 克己(24歳)。第2区「翔べないカモメ」小野寺 順(21歳)。第3区「独りぼっちのカモメ」南 利夫(22歳)。彼等たちの走ることへの情熱は誰より強かった。スポーツ漫画の巨匠、塀内夏子が描く5人のランナーの物語! 第1巻!!
ROAD(2) ~輝ける道~
一本の道をたすきで繋ぎ執念で走り継ぐ駅伝―。「横浜・富士オープン駅伝」に参加した、各チームの補欠ばかりを集めた混成Bチーム「カモメ」はたすきを繋ぐことができるのか―――!?¶ 第3区南からギリギリのタイムで繋がれたたすきは、最下位から第4区の、かつては 将来を嘱望された長距離ランナー如月晃太(17歳)にバトンタッチ! 挽回なるか!? スポーツ漫画の巨匠、塀内夏子が描く5人のランナーの物語! 第2巻!!
ROAD(3) ~輝ける道~
一本の道をたすきで繋ぎ執念で走り継ぐ駅伝―。「横浜・富士オープン駅伝」に参加した、各チームの補欠ばかりを集めた混成Bチーム「カモメ」はたすきを繋ぐことができるのか―――!? 第4区如月が繋いだたすきを、別名“サバイバル区”である第5区にて走り継ぐのは、「復活の男」室堂武司(29歳)! 交通事故により一度は走るこ とを断念した室堂が、ラストスパートを駆ける!! スポーツ漫画の巨匠、塀内夏子が描く5人のランナーの物語! 第3巻!!
ROAD(4) ~ふたつの太陽~
「横浜・富士オープン駅伝」から2年たち、晃太はマラソンランナーになりたいと「福岡国際マラソン」に出場することを決意。出場するために、九州に出向いた晃太は、「横浜・富士オープン駅伝」で第4区を一緒に走ったライバル沢田祐一郎(21歳)と再会し、沢田の家に居候しながら福岡国際マラソンへ向け練習に励むが…。スポーツ漫画の巨匠、塀内夏子が描くランナーの物語! 第4巻!!
ROAD(5) ~ふたつの太陽~
「福岡国際マラソン」に如月晃太と沢田祐一郎は共にマラソンランナーとしてデビューすることになった。しかし、練習は共にしてもレースでは一人。たった一人で走る42.195kmは… 長く、遠い道程だった。無事二人は、走りきれるか…。真剣勝負で初挑戦のフルマラソンへラストスパートを賭ける!! スポーツ漫画の巨匠、塀内夏子が描くランナー物語! 最終巻!!
また読みたい
フォロー