また読みたい
フォロー
これは物語ではない。事件であり出来事だ。小説家の主人公は10年前、小学4年生の少女に拉致監禁される。作家志望の平凡な大学生が過ごす奇妙な少女との1週間に及ぶ監禁生活の行方は――。西尾維新の異色文学作品を、「さんかれあ」のはっとりみつるが奇跡のコミカライズ!!
10年前、大学生の僕は、小学4年の少女に監禁された。「あなたは私を見たから、ペットとして飼うしかないんです」。監禁生活3日、飢えと孤独、そして突然訪れた限界。そして僕は知る。少女Uの素顔を、そして彼女を支配する謎のルールを……。
少女Uと両親の秘密を知った僕。監禁生活は破綻を迎えたが、ただの作家志望の大学生に過ぎない僕が、彼女のためにしてあげられること……。救いを求める二つの不十分な魂。「事件」が終わる時、生み出された「物語」たち。それは作家志望の青年がプロの作家になる瞬間でもあった。西尾維新とはっとりみつるが描き出した不十分な少女と青年の1週間。ついに感動の完結――。