reread
また読みたい
フォロー
私と結婚する者が次の王ですって!?候補者たちに奪いあわれることになった王女アイーシャ。いつか愛する人と結婚することを夢みていたのに…。道具として扱われる悲しい運命にふるえる。あわや純潔を奪われるところを救ってくれたのは隣国の若きシーク・ゾルタン。粗野で横柄だが、その腕はあたたかくやさしかった。安堵したのもつかの間、彼の目的もまた王位だった。彼の宮殿に囚われ、無理矢理結婚式を挙げられてしまう。初夜のベッドで荒々しく唇を奪われて…!?
古い掟に縛られた砂漠の国ジェメイアの王女マリーナは、窮屈な生活にずっと耐えていた。でも、このまま籠にとらわれ、父王の決めた相手に嫁ぐだけの人生でいいの?国を飛び出した彼女はアメリカの大学を卒業し、シーク・バヒールと身も心も焼けつくような恋に落ちる。しかし、自由な恋の代償はあまりにつらいものだった。彼に冷たく「愛や家族なんて僕には枷でしかない」と告げられたマリーナは声も出ず、彼のもとを去った。伝えられなかった秘密を抱えたまま…。
「自分の心に従いなさい」臆病で慎重なアンバーは母の実家で見つけた古い日記の言葉に勇気をもらい、自分を変えようとイスタンブールに旅立った。詐欺に遭いピンチに陥ってしまうが見知らぬ男性カダールが現れ、すんでのところを助けられる。目があった瞬間炎に包まれたように体が熱くなる…あなたは何者なの? しかも彼は身元保証人となり旅に同行してくれると言う。戸惑いと不安を覚えながらも彼の圧倒的な魅力に抗えないアンバー。これが運命の出逢いとは知らずに。