icon_reread
また読みたい
フォロー
とってもラブボイス
“イイ声”フェチの晴屋(はるや)が密かに気にしているのは、放課後に響き渡る図書放送の声の主。セクシーでとろけるような低音ボイスの正体は無口で変わり者の同級生、高階のものだった!その声が聴きたくて、高階に近づく晴屋だったが!?彼の声で、吐息で、唇で…メロメロになっちゃうセクシーボイス&ラブ♪