reread
また読みたい
フォロー
紀芳の枕についていた、チェリーピンクの口紅。あたしの使わない色だ。紀芳はNOが言えないYESマン。きっと断りきれずに抱いてしまったのだろう。怒ったあたしは、いつものバーに一人駆け込む。あたしと紀芳が出会った場所だ。そこで酔い潰れていると… ほら、紀芳が迎えに来た。いつもの事だ。それで仲直りの印として、来月旅行に行く事にした。でも、旅行を目前にしたある日、チェリーピンクの口紅付けた紀芳の元カノが「紀芳の子を妊娠した」と言ってやって来て…。