あらすじ

イタリアが小さな国々に分かれていた15世紀、険しい地形が天然の要塞となっているウルビーノという街にラファエロは誕生した。父親のジョヴァンニは有名な画家で、ラファエロも子供の頃から天才と呼ばれていた。幼い頃、母親を亡くしたラファエロだが、絵についていろいろアドバイスをしてくれた父親も11歳の時に他界。絵画の貴公子と言われたラファエロの生涯。